井村久美子とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 人名 > 日本陸上競技連盟選手名鑑 > 井村久美子の意味・解説 

井村 久美子 Kumiko Imura




写真提供/フォートキシモト
主要大会成績
大会 種目 順位 備考
1994年 日本選手権 走幅跳 16  
1995年 日本選手権 走幅跳 4位  
1996年 日本選手権 走幅跳 14  
1998年 日本選手権 100mH 予選  
走幅跳 4位  
1999年 日本選手権 走幅跳 17  
2000年 日本選手権 100mH 3位  
走幅跳 2位  
世界ジュニア 100mH 準決勝  
走幅跳 3位 ジュニア
日本記録
2001年 日本選手権 100mH 1位  
走幅跳 2位 学生記録
世界選手権 走幅跳 11  
ユニバーシアード 走幅跳 3位  
2002年 日本選手権 100mH 3位  
走幅跳 2位  
アジア選手権 走幅跳 5位  
アジア大会 走幅跳 7位  
2003年 日本選手権 100mH 2位  
走幅跳 1位  
世界選手権 走幅跳 予選  
2004年 世界室内 走幅跳 予選  
日本選手権 走幅跳 2位  
2005年 日本選手権 100mH 1位  
走幅跳 1位  
世界選手権 走幅跳 予選  
アジア選手権 100mH 3位  
走幅跳 3位  
東アジア大会 走幅跳 1位  
100mH 3位  
2006年 日本選手権 走幅跳 1位  
アジア大会 走幅跳 1位  
2007年 日本選手権 走幅跳 1位  
世界選手権 走幅跳 予選  
ワールド・アスレティック・ファイナル 走幅跳 4位  
2008年 世界室内選手権 走幅跳 予選  
日本選手権 走幅跳 3位  
オリンピック 走幅跳 予選  
2009年 日本選手権 走幅跳 2位  
アジア選手権 走幅跳 5位  
2010年 日本選手権 走幅跳 1位  
アジア大会 走幅跳 5位  

年次ベスト
種目 記録 備考
走幅跳 1991年 4.48 小学5年
1992年 5.18 小学6年
1993年 5.97 (年齢別世界最高記録) 中学1年
1994年 6.04 中学2年
1995年 6.19 (中学記録) 中学3年
1996年 5.85 高校1年
1997年 6.07 高校2年
1998年 6.14 高校3年
1999年 6.10 大学1年
2000年 6.43 (ジュニア日本記録=当時) 大学2年
2001年 6.78 (学生記録) 大学3年
2002年 6.41 大学4年
2003年 6.64  
2004年 6.65  
2005年 6.69  
2006年 6.86 (日本記録)
2007年 6.73  
2008年 6.70  
2009年 6.49  
2010年 6.54  
100mH 1995年 13.78 (中学最高記録)
1996年 14.48 高校1年
1997年 14.10 高校2年
1998年 14.16 高校3年
1999年 14.38 大学1年
2000年 13.52 大学2年
2001年 13.38 大学3年
2002年 13.43 大学4年
2003年 13.24  
2004年 13.20  
2005年 13.27  
2006年 13.04 (日本歴代2位=当時)
2007年 13.02 (日本歴代2位)
2008年 13.36  

データ2011年6月2日現在のものです。


井村 久美子

井村久美子の画像 井村久美子の画像
芸名井村 久美子
芸名フリガナいむら くみこ
性別女性
生年月日1981/1/10
星座やぎ座
干支酉年
出身地山形県
身長165 cm
プロフィール小学校2年時から陸上を始め小学校5年時に4m46、6年時に5m18を記録し天才少女として話題集めた中学校1年時12歳年齢別世界記録となる5m97を記録し全国中学校体育大会3連覇という偉業成し遂げた3年時には走幅跳100メートルハードル100メートルジュニアハードルの3種目で日本中記録樹立した高校時記録伸び悩んだが、大学2年時に出場した世界ジュニア選手権では、6m43の日本ジュニア記録マークし銅メダル獲得100メートルハードル5年ぶりに自己記録更新するなど、見事な復活遂げた01年の世界陸上選手権エドモントン大会で11位となり、その後07世界陸上大阪大会まで4年連続出場果たしている。06静岡国際陸上でシーズン初戦にも関わらず6m75の大会記録樹立同月大阪グランプリでは6m86の日本記録優勝した。さらに、アジア大会で6m81の跳躍をみせ、同種36年ぶりとなる金メダルを獲得し、“7mジャンプ”への期待高まった08年には、自身初となるオリンピック北京大会)に出場した無念の予選敗退喫した同年11月結婚しスズキ退社28歳の誕生日となる091月10日再始動2013年6月7日現役引退表明
代表作品1フジテレビジャンクSPORTS
代表作品2TBS情熱大陸
職種スポーツ

» タレントデータバンクはこちら

井村久美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/23 23:19 UTC 版)

井村 久美子(いむら くみこ、1981年1月10日 - )は、日本陸上競技選手で、北京オリンピック日本代表選手。既婚者(旧姓:池田)。血液型B型


  1. ^ 女子走り幅跳びは6月12日に開催。
  2. ^ スポーツナビ第95回日本陸上競技選手権 女子走幅跳・決勝
  3. ^ 女子走り幅跳びは6月8日に開催。
  4. ^ スポーツナビ第96回日本陸上競技選手権 女子走幅跳・決勝
  5. ^ 同選手権で優勝した岡山沙英子も6m55で派遣標準B記録に及ばなかったため、ロンドンオリンピックでは日本選手は誰も女子走り幅跳びに出場しなかった。
  6. ^ 32歳・井村久美子が今夏開催の世界陸上目指して現役続行 スポーツナビ 2013年4月18日閲覧
  7. ^ 「LUX」ブランドを展開するユニリーバの日本法人が、その年に活躍し、且つブランドイメージに合致する「輝いている女性」を顕彰するというもの。その他の受賞者は高岡亜衣(書道家)、藤原美智子(ヘアメイクアーティスト)、松下奈緒(女優)、吉田都(バレーリーナ)。なお、栗原恵など池田以外にも、北京五輪代表選手で同種の表彰を受けた者がいた。


「井村久美子」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

井村久美子のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



井村久美子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本陸上競技連盟日本陸上競技連盟
(C) 2022 Japan Association of Athletics Federations. All Rights Reserved.
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2022 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの井村久美子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS