渋井陽子とは?

渋井 陽子 Yoko Shibui

所 属 厚崎中(栃木)→那須拓陽高(栃木)→三井住友海上
生年月日 1979年3月14日
出身 栃木県出身
身長体重 165cm/47kg
自己ベスト 5000m:15.18.92(2002.5 大阪GP
10000m:30.48.89(2002.5 パロアルト) 日本記
マラソン:2.19.41(2004.9 ベルリンマラソン) 日本歴代2位




写真提供/フォートキシモト、アジャンシーショット
主要大会成績
大会 種目 順位 備考
1998年 世界クロカン シニア
8000m
28  
2001年 大阪国際女子マラソン マラソン 1位 マラソン世界最高
2001年 世界選手権 マラソン 4位  
2002年 カージナル招待 10000m 1位 日本記
2002年 シカゴ・マラソン マラソン 3位  
2003年 日本選手権 10000m 5位  
2003年 世界選手権 10000m 14  
2004年 大阪国際女子マラソン マラソン 9位  
2004年 日本選手権 10000m 9位  
2004年 日本選手権 5000m 12  
2004年 ベルリンマラソン マラソン 1位 日本記録=当時
2005年 名古屋国際女子マラソン マラソン 7位  
2005年 日本選手権 10000m 24  
2005年 日本選手権 5000m 22  
2006年 名古屋国際女子マラソン マラソン 2位  
2007年 大阪国際女子マラソン マラソン 10  
2007年 日本選手権 5000m 3位  
2007年 日本選手権 10000m 2位  
2007年 東京国際女子マラソン マラソン 7位  
2008年 日本選手権 5000m 4位  
2008年 日本選手権 10000m 1位  
2008年 北京オリンピック 10000m 17  
2008年 東京国際女子マラソン マラソン 4位  
2009年 大阪国際女子マラソン マラソン 1位  

年次ベスト
種目 記録 備考
5000m 1995年 16.59.53  
1996年 16.15.25  
1997年 15.55.50  
1998年 15.57.81  
1999年 15.46.19  
2000年 15.35.79  
2001年 15.38.43  
2002年 15.18.92  
2003年 15.27.83  
2004年 15.39.94  
2005年 15.42.99  
2006年 16.03.73  
2007年 15.30.71  
2008年 15.19.29  
10000m 1999年 32.43.02  
2000年 31.48.89  
2001年 31.48.73  
2002年 30.48.89 日本記録)
2003年 31.42.01  
2004年 32.17.72  
2005年 32.34.11  
2006年 32.39.42  
2007年 31.48.87  
2008年 31.15.07  
マラソン 2001年 2.23.11. (初マラソン世界最高=当時
2002年 2.21.22.  
2004年 2.19.41. 日本記録=当時
2005年 2.27.40.  
2006年 2.23.58.  
2007年 2.34.15.  
2008年 2.25.51  
2009年 2.23.42  

データ2009年8月13日現在のものです。


渋井陽子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/23 18:41 UTC 版)

渋井 陽子(しぶい ようこ、1979年3月14日 - )は、日本陸上競技選手。主な競技種目はマラソン長距離トラック10000m駅伝など。現在の女子10000m日本記録(30分48秒89)保持者であり、女子マラソンでも日本歴代2位の記録を持つ。2008年北京オリンピック女子長距離走(10000m)代表、2001年世界陸上エドモントン大会女子マラソン4位入賞。血液型はO型。腹筋が趣味。




  1. ^ 『確実に完走できる!マラソン』12ページ。
  2. ^ 当時その渋井の後方に居た小崎まりは、渋井が足を止めた場面を目撃し「ビックリした。シブちゃんどうしちゃったの?って」等とレース後語っている。35Km付近で小崎は渋井を追い越し2位に入り、原裕美子と共に世界陸上大阪大会女子マラソン代表に選出された。
  3. ^ 2011年当時、渋井はこの大阪国際女子マラソンで複数回優勝を果たした、歴代初めての日本人ランナーとなる(その後も同マラソンで日本選手では、赤羽有紀子・福士加代子・重友梨佐が2度の優勝を成し遂げた)。
  4. ^ 渋井4位に「いけてんじゃん」/マラソン 日刊スポーツ 2012年3月11日
  5. ^ 吉田が2位、渋井は4位/さいたま国際マラソン詳細 日刊スポーツ 2015年11月15日
  6. ^ 渋井 現役続行を宣言「まだやり残したことがある」 スポニチ 2015年3月22日
  7. ^ 【陸上】37歳渋井陽子、前人未到の「全日本」20度目のたすき 福士、小崎との「しつこいトリオ」そろい踏みは最後? 産経WEST 2016年11月28日
  8. ^ 愛媛マラソン ゲストランナー渋井陽子さんに聞く 愛媛新聞 2018年2月1日
  9. ^ ★☆陸上部顧問紹介☆★ 城西大学附属城西中学・高等学校陸上競技部


「渋井陽子」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「渋井陽子」の関連用語

渋井陽子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



渋井陽子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本陸上競技連盟日本陸上競技連盟
(C) 2019 Japan Association of Athletics Federations. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの渋井陽子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS