第97回日本陸上競技選手権大会とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 第97回日本陸上競技選手権大会の意味・解説 

第97回日本陸上競技選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/08 16:22 UTC 版)

第97回日本陸上競技選手権大会第14回世界陸上競技選手権大会代表選手選考競技会(だい97かいにほんりくじょうきょうぎせんしゅけんたいかい けん だい14かいせかいりくじょうきょうぎせんしゅけんたいかいだいひょうせんしゅせんこうきょうぎかい)は、2013年6月7日から9日まで3日間の日程で味の素スタジアムを会場に開催された。主催は日本陸上競技連盟。日本選手権の東京都内開催は2005年第89回大会以来8大会ぶり60回目、同スタジアムでは初開催となった。トラック・フィールド男女計36種目の競技を実施し、選手630名(男子371名・女子259名)が参加した。2種目の大会新記録と3種目のジュニア日本新記録が樹立された。




[ヘルプ]
  1. ^ 予定変更となり実施されなかった
  2. ^ グラウンド コンディション. 日本陸上競技連盟. 2013年7月22日閲覧.
  3. ^ 酒瀬川亮介 「新谷ぶっちぎりV 女子1万 陸上・日本選手権 7日」 『朝日新聞』2013年6月8日付朝刊, スポーツ1面, p.19
  4. ^ 田原和宏 「陸上 日本選手権 桐生抑え、山県V 男子100」 『毎日新聞』2013年6月9日付東京朝刊, 運動面, p.26
  5. ^ 『陸上競技マガジン 2013年7月号』 p.16
  6. ^ 「最速対決、山県初V 男子100 陸上・日本選手権 8日」 『朝日新聞』2013年6月9日付朝刊, スポーツ2面, p.24
  7. ^ 増田創至 「最速対決、山県初V 男子100 陸上・日本選手権 8日」 『朝日新聞』2013年6月9日付朝刊, スポーツ2面, p.24
  8. ^ a b 田上幸広 「陸上・日本選手権第2日 山県 貫禄初V 桐生「力んだ」2位」 『読売新聞』2013年6月9日付東京朝刊, スポーツC面, p.29
  9. ^ バックナンバー2013年度 VOL.23 2013年 6月3日(月) ~ 6月9日(日) ビデオリサーチ. 2013年7月22日閲覧
  10. ^ 新宮広万 「「日本陸上、強くする」 陸連新会長・横川浩氏」 『読売新聞』2013年6月21日付東京朝刊, スポーツB面, p.24
  11. ^ 田中誠之 「陸上・日本選手権最終日 飯塚 快足初V 男子200圧倒、世界へ」 『読売新聞』2013年6月10日付東京夕刊, スポーツD面, p.4
  12. ^ a b 第14回世界陸上競技選手権大会(2013/モスクワ) 日本代表選手選考要項 日本陸上競技連盟. 2013年7月17日閲覧
  13. ^ 第97回日本陸上競技選手権大会の現地調査報告について 福島県. 2014年8月11日閲覧
  14. ^ 第97回日本陸上選手権 NHK G-Media. 2013年7月17日閲覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「第97回日本陸上競技選手権大会」の関連用語

第97回日本陸上競技選手権大会のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



第97回日本陸上競技選手権大会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの第97回日本陸上競技選手権大会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS