矢澤航とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 日本陸上競技連盟選手名鑑 > 矢澤航の意味・解説 

矢澤航

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/01 08:15 UTC 版)

矢澤 航(やざわ わたる、1991年7月2日 - )は、神奈川県横浜市出身の陸上競技選手。専門は110mハードルで、自己ベストは日本歴代5位の13秒47。中学時代から全国の舞台で活躍し、全日本中学校選手権(中学)・インターハイ(高校)・日本インカレ(大学)・日本選手権(シニア)と、あらゆる世代で日本一に輝いている。2016年リオデジャネイロオリンピック日本代表




注釈

  1. ^ 世界選手権を含めても2009年ベルリン大会田野中輔以来7年ぶり。
  2. ^ 1レース目が終わった時点でタイムで拾われる4枠目の選手のタイムは13秒65だった。

出典

  1. ^ 中学、高校、大学と常にトップを走り続ける日本を代表するハードラー。今年の日本選手権も制しその強さは証明された。そんな若きハードラーの『根本にあるもの』をお聞きしました。/法政大学陸上部 矢澤航さん”. ガクセイ基地 (2013年10月30日). 2015年4月24日閲覧。
  2. ^ a b c d 「マイプライバシー(矢澤航)」『月刊陸上競技』第48巻第1号、講談社、2014年1月号、 152頁。
  3. ^ a b c d 「トップ選手に学ぶ一流の「トレーニングメソッド」 男子110mH 矢澤 航(デサントTC)」『月刊陸上競技』第51巻第4号、講談社、2017年3月号、 123-126頁。
  4. ^ 「大会フラッシュ 「デカネーション」に日本が初参加」『月刊陸上競技』第48巻第11号、講談社、2014年10月号、 154-155頁。
  5. ^ 110Mハードルの矢沢、リオ参加標準突破”. デイリースポーツ (2016年6月5日). 2016年6月5日閲覧。
  6. ^ 男子110mハードル 矢澤航が五輪代表に”. NHKニュース (2016年6月26日). 2016年6月26日閲覧。
  7. ^ 「チームジャパン Close-up」『月刊陸上競技』第50巻第11月号、講談社、2016年10月号、 131頁。
  8. ^ 「日本選手権」『月刊陸上競技』第51巻第9号、講談社、2017年8月号、 16-17頁。
  9. ^ 【陸上】関東インカレ直前特集2011第1弾~短距離ブロック~”. スポーツ法政 (2011年). 2015年4月24日閲覧。


「矢澤航」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「矢澤航」の関連用語

矢澤航のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



矢澤航のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本陸上競技連盟日本陸上競技連盟
(C) 2020 Japan Association of Athletics Federations. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの矢澤航 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS