三津谷祐とは?

三津谷 祐 Yu Mitsuya




写真提供/フォートキシモト
主要大会成績
大会 種目 順位 備考
2002年 世界クロカン ジュニア8km 32  
2004年 世界クロカン シニア12km 73  
2005年 世界選手権 10000m 19  
2005年 日本選手権 10000m 1位  
2005年 ホクレン・ロングディスタンス深川大会 10000m 1位 27.41.10=日本歴代3位、国内日本人最高
2007年 ゴールデンゲームズinのべおか 5000m 5位 13.18.32=日本歴代2位、国内日本人最高
2007年 日本選手権 5000m 2位  
2007年 世界選手権 5000m 予選  

年次ベスト
種目 記録 備考
1500m 1999年 4.09.01  
2001年 3.56.84  
2002年 3.48.42  
2003年 3.46.80  
2007年 3.49.72  
5000m 2000年 14.48.89  
2001年 14.09.29  
2002年 14.01.42  
2003年 13.52.87  
2004年 13.42.97  
2005年 13.31.30  
2007年 13.18.32 日本歴代2位(当時)、
国内日本人最高
10000m 2003年 28.23.40  
2004年 28.00.23  
2005年 27.41.10 日本歴代3位、
国内日本人最高
2007年 28.36.40  

データ2008年4月1日現在のものです。


三津谷祐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/07 06:04 UTC 版)

三津谷 祐(みつや ゆう、1984年12月18日 - )は香川県三豊郡大野原町(現・観音寺市)出身の男性陸上競技元選手、指導者。専門は長距離走マラソン世界選手権ヘルシンキ大会10000m大阪大会5000mに出場した。




  1. ^ 2007.盛夏 世界陸上記念号 香川県立丸亀陸上競技場. 2015年2月24日閲覧
  2. ^ 男子5000・三津谷、A標準突破-陸上Gゲームズ 四国新聞社 (2007-05-27). 2015年2月24日閲覧
  3. ^ 2009福岡国際クロスカントリー TBS. 2015年2月24日閲覧
  4. ^ 四国電力過去最高11位-全日本実業団駅伝 四国新聞社 (2008-01-03). 2015年2月24日閲覧
  5. ^ 三津谷が優勝/熊日30キロロードレース 四国新聞社 (2009-02-23). 2015年2月24日閲覧
  6. ^ 三津谷選手へのご声援ありがとうございました。”. トヨタ自動車九州陸上競技部 (2015年2月21日). 2015年2月22日閲覧。
  7. ^ ランニングユナイテッド RUNNING CLINIC(ゲストコーチ) SUPER SPORTS XEBIO 2016年11月15日閲覧


「三津谷祐」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「三津谷祐」の関連用語

三津谷祐のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



三津谷祐のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本陸上競技連盟日本陸上競技連盟
(C) 2021 Japan Association of Athletics Federations. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの三津谷祐 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS