チャンネルαとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > チャンネルαの意味・解説 

チャンネルα

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/01 04:48 UTC 版)

チャンネルα』(チャンネルアルファ)は、 2000年4月3日から2013年9月27日までの間、フジテレビ系列で毎週月曜日-金曜日15:30-16:30に放送していた、主にテレビドラマの再放送枠である。不況・収益悪化による経費節減のため、休日の姉妹放送枠チャンネルΣ土曜α日曜αが創設された。ここではそれについても記述する。




注釈

  1. ^ 14時台で『地元発信! 東京ジモティ』を開始したことによる枠縮小。
  2. ^ 16:55のミニ番組の終了と『FNNスーパーニュース』の開始時刻変更による枠拡大。
  3. ^ 韓流α』放送のため。更なる開始繰り下げや放送休止もあった。
  4. ^ 古畑任三郎シリーズ・ナースのお仕事シリーズ・踊る大捜査線ショムニ(関西テレビ制作ドラマも含む)といった人気作品が放送されることが多かった。
  5. ^ ドラマ再放送の中で放送回数がもっとも多いのは古畑任三郎である(初回放送は2000年8月の第3シリーズ再放送でその後、2002年6月に第2シリーズ、2003年12月に第1シリーズ、2004年11月に第1シリーズ再々放送、2005年12月に第3シリーズ再々放送、2008年5月に第3シリーズ再々々放送、2009年10月に「チャンネルα 古畑任三郎シリーズ一挙放送!!超プレミアアンコールスペシャル」として初の第1・2・3全シリーズすべて再放送[第1シリーズは再々々放送、第2シリーズは再々放送、第3シリーズは再々々々放送]と9回再放送されている)。
  6. ^ 中でもSMAPが多い(例:木村拓哉の場合2008年新作ドラマ「CHANGE」→再放送・2001年ドラマ「HERO」、中居正広の場合2009年新作ドラマ「婚カツ!」→再放送・1996年 - 2005年単発ドラマ「ナニワ金融道」、香取慎吾の場合2002年新作ドラマ「人にやさしく」→再放送・1996年ドラマ「ドク」)
  7. ^ 「世にも奇妙な物語」の場合、本放送前週に毎日1話ずつ(月曜 - 金曜までの5日間、計5話程度)傑作選版では、ストーリーテラーのタモリは出ず、オープニングも簡易的なものに差し替えられ、本放送であるエンディングテーマもカットとなる。
  8. ^ 同じようなケースとして日本テレビも『ドラバラZONE』枠で実施していた。
  9. ^ もしもツアーズウチくる!?が放送されることが多い。かつてはめちゃ²イケてるッ!(現在の再放送は主に通常の時間帯のスペシャル時に放送曜日である土曜日の夕方の時間帯に直前番組として放送)、サタ☆スマ(終了)、力の限りゴーゴゴー!!(終了)、トリビアの泉(終了)、タモリのジャポニカロゴス(終了)等も再放送されていた。また、番組開始当初から半年間の木曜日に「クイズ$ミリオネア」の先週分の再放送をした。
  10. ^ 報道関連の記者会見などに、時間の穴埋めとして1時間放送のドラマを休止し30分放送のバラエティ番組に差し替えられたことがある。
  11. ^ 2009年2月には打ち切りの決まった『人生もっと満喫アワー トキめけ!ウィークワンダー』や『一攫千金!日本ルー列島』の未放送分を、ドラマの再放送予定を急遽延期して代替放送を行った(関東ローカルのため、系列局では放送されていない)
  12. ^ 編成の都合で若干時間が前後する場合あり、北海道文化放送にもネットしている。
  13. ^ お台場合衆国など、フジテレビ主催イベントの初日に当たる場合は、前時間帯の『めざましどようびメガ』を拡大し、休止となる場合がある。
  14. ^ 2015年12月26日は11:45まで放送
  15. ^ 編成上の諸事情により、日曜16:00-17:25枠での放送や、月2回放送されることもある
  16. ^ 12:00-13:55/12:00-14:55の場合あり。
  17. ^ a b バニラ気分!』時代に放送していた『VS嵐』も、ゴールデン進出後の同番組が里帰り再放送されることがある。
  18. ^ a b 系列局番組を放送する場合「この番組は(局名)でyyyy年m月d日に放送されたものです。」のテロップが付加される。
  19. ^ KTV放送回:2009年12月7日(ゲスト:山崎邦正安田美沙子ギャロップ)。
  20. ^ その後12:55-15:15「山村美紗シリーズ 赤い霊柩車5・華やかな誤算」再放送のため。
  21. ^ 12:45-14:50「佐賀のがばいばあちゃん」再放送の為。
  22. ^ 2009年12月30日に2時間枠で放送されたものを再編集。当日夜開始の宮根誠司司会の新番組『Mr.サンデー』の番宣を兼ねて放送された。
  23. ^ パンクブーブー(KTV放送日2010年1月30日)と陣内智則(同2010年2月27日)それぞれの出演回を続けて放送した。

出典



「チャンネルα」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「チャンネルα」の関連用語

チャンネルαのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



チャンネルαのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのチャンネルα (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS