ホウドウキョクとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ホウドウキョクの意味・解説 

ホウドウキョク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/04 00:56 UTC 版)

ホウドウキョクは、フジテレビが2015年4月から2019年3月まで運営していたニュースサイト




注釈

  1. ^ 一部サービスのみ。
  2. ^ 但し、平成28年熊本地震地震発生以後の報道については地上波のFNN報道特番を衛星波と共に再送信。但し、鳥取県中部地震発生時は、通常番組放送中だったため独自情報を内包した。ホウドウキョク24Webサイト以外でも、Youtube LiveLINE LIVEにて同時生配信。また、地上波、衛星波では編成されなかった、2016年東京都知事選挙選挙特別番組を独自編成した
  3. ^ 元アナウンサーであった阿部知代や鈴木款(経済担当)等
  4. ^ NOTTVサービス廃止に伴い終了。NOTTVパック、またはNOTTVシングルに加入した契約者が視聴可能だった。
  5. ^ BSフジNEWSアナウンサー、学生キャスターを含む
  6. ^ 降板後、地上波の『ユアタイム〜あなたの時間〜』のMCに就任
  7. ^ キャスターが後枠のキャスターが通して出演し、出演者が入替る場合有
  8. ^ 地上波の『FNN みんなのニュース Weekend』にてスピンオフコーナーである、『日曜安全保障』を放送しており、後継番組である『プライムニュース イブニング』でもコーナー格下げとして継続放送をしている

出典

  1. ^ a b 放送事業者によるニュースライブ配信サービスの行方 (PDF)”. NHK放送文化研究所 (2016年7月1日). 2016年10月7日閲覧。
  2. ^ a b 東洋経済 (2015年5月25日). “東洋経済ONLINE フジテレビが仕掛けた「ネット専門局」の正体 「24時間ニュースぶっ通し」で何を狙うのか”. 2015年11月30日閲覧。
  3. ^ a b マイナビ (2016年11月12日). “マイナビニュースに強力ライバル!? 総合ニュースサイトに変貌したフジテレビ「ホウドウキョク」担当者を直撃”. 2016年12月12日閲覧。
  4. ^ “CONSULTING ホウドウキョク 地上波テレビ局がネット上に作った「デジタルニュース編集部」” (プレスリリース), 株式会社THINKR, (2014年5月29日), http://thinkr.jp/casestudy/houdoukyoku/ 2017年4月19日閲覧。 
  5. ^ PR TIMES (2016年10月24日). “オンデマンド配信を強化してリニューアル!LIVE配信に加えテキスト記事やVR動画も充実”. 2016年10月26日閲覧。
  6. ^ a b J-CAST (2018年4月6日). “フジテレビ「ホウドウキョク」、更新ほぼ停止 局に「新メディアとの関係」を聞いた”. 2018年4月10日閲覧。
  7. ^ 日経×TECH (2018年4月2日). “フジテレビ系列局で構成するFNN、「FNN.jpプライムオンライン」立ち上げ”. 2018年4月10日閲覧。
  8. ^ [1]


「ホウドウキョク」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ホウドウキョク」の関連用語

ホウドウキョクのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ホウドウキョクのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのホウドウキョク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS