早指し王位決定戦とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > できごと > 競技会 > 将棋の競技会 > 将棋の棋戦 > 早指し王位決定戦の意味・解説 

早指し王位決定戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/11 15:05 UTC 版)

早指し王位決定戦(はやざしおういけっていせん)または早指し王位戦とは1954年(第1回)~1959年(第6回)まで開催されていた、産業経済新聞社主催のプロ将棋の公式棋戦。現在の王位戦の前身にあたり、棋聖戦の源流でもある。




  1. ^ 『将棋八大棋戦秘話』(河出書房新社)P.104
  2. ^ 大山康晴は第1回産経杯に出場しているが、当時は名人ではなかった。1952年に名人位を獲得し、その後に第1回産経杯優勝者の坂口允彦と記念対局を行なった。
  3. ^ 初年度は、前身の産経杯優勝者だった大山が王位保持者扱いとなり、挑戦者決定トーナメントを勝ち上がった花村と番勝負を行った


「早指し王位決定戦」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「早指し王位決定戦」の関連用語

早指し王位決定戦のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



早指し王位決定戦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの早指し王位決定戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS