情報戦とは? わかりやすく解説

情報戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 03:23 UTC 版)

情報戦(じょうほうせん、: information warfare, IW)は、味方の情報及び情報システムを防護し、かつ敵のそれを攻撃・攪乱・妨害する敵味方相互の情報活動をいう。ただし軍隊や研究機関によって情報戦という用語の定義には若干の差異が認められる。ここでは上記の定義で用いる。


  1. ^ 奇跡待つのみ、仏首相が敗戦報告演説(『東京朝日新聞』昭和15年5月23日夕刊)『昭和ニュース辞典第7巻 昭和14年-昭和16年』p369 昭和ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ刊 1994年
  2. ^ 日本フィギュアの情報戦は士気高める狙い”. 日刊スポーツ (2018年2月11日). 2018年3月6日閲覧。


「情報戦」の続きの解説一覧

情報戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 04:44 UTC 版)

心理戦」の記事における「情報戦」の解説

心理戦は情報戦の中に位置づけることができる。情報戦において、敵の情報活動対抗した対情報は「攻勢対情報」と「防勢対情報」の作戦行動大別可能であり、これに従って電子戦軍紀心理攻撃情報攻撃を指す心理作戦防諜電子的防護を指す対心理作戦と大別できる。

※この「情報戦」の解説は、「心理戦」の解説の一部です。
「情報戦」を含む「心理戦」の記事については、「心理戦」の概要を参照ください。


情報戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/06 07:05 UTC 版)

7月20日事件」の記事における「情報戦」の解説

ヴァルキューレ発動通信総統大本営にも伝わりヒトラー側は、これは一大に過ぎないシュタウフェンベルク単独犯行などではなく大掛かりな背後関係がある事を悟る。ヒトラー国内予備軍司令官フロム上級大将関与疑い、彼を解任し、ヒムラーをその職に任命秩序回復権限与えた午後4時15分カイテル元帥総統生存、及びヒムラー国内予備軍司令官就任と、フロム、ウィッツレーベンの命令には従わないよう、テレタイプで全管区に通達した午後4時45分頃、勝手にヴァルキューレ発動したことを知ったフロム激怒し司令部到着したシュタウフェンベルクらに自決迫って反乱派と小競り合いとなり、一室軟禁された。 午後5時過ぎ、反乱派はヘプナー上級大将国内軍司令官任命した一方ヴァルキューレ発動動員命令更には総統生存という、2つ相反する指令相次いで受けた各地部隊混乱し反乱派とヒトラー側の双方事実確認求め連絡殺到したシュタウフェンベルクオルブリヒト電話での対応に追われ反乱成功必要な活動行えなくなったその間反乱派のベルリン防衛軍司令官ハーゼ中将の命で、警備大隊長レーマー少佐部隊ベルリン市内の主要地点配置され始めた。しかし国内予備軍司令部反乱派からの適切な指示無く動員され人数少なく拠点出入り規制することしかできなかった。そのため放送局内部に人員配置するともせず宣伝省ゲシュタポ本部いたっては全く手付かずだった。 午後6時反乱派は全軍管区に対し戒厳令布告武装親衛隊ゲシュタポの処理・粛清閣僚ナチス党幹部警察幹部逮捕強制収容所確保指令した午後6時45分ベルリン放送局が「総統暗殺企てられたが失敗した旨を放送。このラジオ放送ヨーロッパ中に届いた

※この「情報戦」の解説は、「7月20日事件」の解説の一部です。
「情報戦」を含む「7月20日事件」の記事については、「7月20日事件」の概要を参照ください。


情報戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 23:10 UTC 版)

ミッドウェー海戦」の記事における「情報戦」の解説

日本それまで勝利誇大戦果報じた珊瑚海海戦などで気が緩み作戦機密保持杜撰になっていた。取り締まる立場にある連合艦隊もその傾向出ていた。また、連合艦隊敵情緊迫していることを知りながら前線部隊知らせないことが何度もあった。連合艦隊は、5月中旬から敵の通信増加していることから何らかの動きがある把握しつつも気にとめず、出撃から6月3日までに入手した情報から敵が日本の動静偵知して活発に動いている判断するも、警戒すべきではあるが、敵をおびき出せるものと受け止め好ましいことだと考えていた。第二艦隊白石萬隆参謀長は、連合艦隊作戦がばれてでも米艦隊呼び出そうとしていたと語っている。6月4日頃、連合艦隊大本営知らせあるいは通信符号傍受ミッドウェー機動部隊がいる兆候つかんでいたが、無線封止理由に一航艦に知らせなかった。 また日本太平洋にある米空母3、4隻と考えていたが、珊瑚海海戦米空母2隻撃沈マーシャル諸島南方西航する米空母2隻発見情報から、残っている米空母2隻は全て南太平洋ハワイ方面にあると誤った敵情判断をしていた。 アメリカ海軍戦術情報ハイポHYPO)を重用し日本海軍暗号解読無線傍受ミッドウェー作戦事前に把握して迎撃準備整えていた。日本の海軍暗号書D系統戦略常務一般暗号書でよく用いられていたが、乱数表用いて二重に暗号化した複雑な暗号であり、これに特定地点表示表、特定地点略語表、歴日換字表併用したものではあったものの、開戦前から使用していたうえ、作戦前行われる予定であった更新も遅れ、作戦概要主力部隊以外のすべての参加艦艇などの作戦全体像アメリカにほぼ察知されていた。 ニミッツ4月下旬には日本大規模な作戦企図していることをつかみ、ミッドウェー可能性が高い判断した5月2日からミッドウェー環礁視察し兵力警戒態勢整えその後情報でさらにミッドウェーの感が強まった5月14日第二艦隊司令部AF攻略部隊にあてた電文傍受して攻略があると知り19日にはAF特定するためにアメリカは「ミッドウェー真水製造機故障」の偽の電文傍受させ、罠にかかった軍令部は「AF真水欠乏」という電文打ちアメリカAFミッドウェー特定した26日には攻略6月7日であることも特定し日本の作戦把握して態勢整えミッドウェー海戦で一航艦の迎撃成功した

※この「情報戦」の解説は、「ミッドウェー海戦」の解説の一部です。
「情報戦」を含む「ミッドウェー海戦」の記事については、「ミッドウェー海戦」の概要を参照ください。


情報戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 15:03 UTC 版)

北アイルランド問題」の記事における「情報戦」の解説

情報制御は、紛争におけるイギリス努力の重要な部分である。1973年から、陸軍命令で、イギリスメディア厄介事報道制限していた。MI5MI6諜報員多くの編集部配置されていた。北アイルランドベルファストでは毎日役員が国記者会見行っていた。外務省プロパガンダ担当する海外情報部MI6は、ボビー・サンズの死後に、イギリス視点事実海外マスコミュニケーション欧州議会広め、アーサー・マッケイグのドキュメンタリー映画パトリオット・ゲーム』の映画祭成功制限した責任があった。政治執行部は、MI6情報政策イギリス陸軍シークレットサービス外務省情報調査部所属し、北アイルランド・イギリスのみならず世界中でプロパガンダ毒殺行なっていた。

※この「情報戦」の解説は、「北アイルランド問題」の解説の一部です。
「情報戦」を含む「北アイルランド問題」の記事については、「北アイルランド問題」の概要を参照ください。


情報戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 11:54 UTC 版)

2022年ロシアのウクライナ侵攻」の記事における「情報戦」の解説

ウクライナ側は国際世論味方につけるため、ゼレンスキー声明市民被害ドローン映像ソーシャルメディア拡散させるなど、情報発信力を入れている。 陸上自衛隊陸上幕僚長岩田清文欧米からの情報提供によりロシア軍状況把握し状況に応じて作戦立案することに加えて欧米か供与され最新武器用いることで戦いウクライナ軍有利な状況持ち込ませていることを指摘したソーシャルメディア上ではロシア側の士気低下させるため、偽情報拡散されているウクライナ軍では捕虜となったロシア兵悲惨な実態を語るインタビュー動画など、ロシア側の士気低下効果のある情報発信している。 ロシア世界で有数のサイバー攻撃能力有しているが、アメリカ支援により被害抑えられている。 3月7日ウクライナ側はロシアとの第1回停戦協議参加したウクライナ情報機関男性職員1名をロシア二重スパイ主張その男性が反逆罪容疑身柄を拘束されそうになった際に逃走試みたために射殺されたことが報道された。ロシア側もウクライナ側のスパイだと主張し、情報戦となった3月11日ウクライナ国通信は、ロシア軍爆撃機ベラルーシ領内複数集落空爆した報じたウクライナ軍内務省は、ロシア同盟国ベラルーシ派兵を迫るため、ウクライナによる攻撃見せかける偽旗作戦行った指摘したが、ベラルーシ国防省はこれを否定アメリカ国防総省高官ベラルーシ軍動向に関し、「ウクライナ領内入ったとの情報はない」と説明しロシア軍ベラルーシ集落爆撃したとの情報については、「確認できない」と述べた3月28日ウクライナ国防省情報総局620人分ロシア連邦保安庁FSB所属の "スパイリスト"を公開したリストには諜報活動従事しているとみられるFSB職員氏名年齢住所電話番号出生地経歴Eメールアドレス、車のナンバープレート番号旅券番号など個人情報詳細含まれており、ハッキング入手したとされた。 3月29日、『ウォール・ストリート・ジャーナル』は、停戦交渉両国仲介役になっていたロシア富豪ロマン・アブラモヴィッチウクライナ側の交渉団員2名が、3月3日毒物による暗殺未遂受けた可能性がある報じた。この暗殺未遂容疑に対して匿名アメリカ政府関係者は「環境よるもの」と毒物否定しウクライナ大統領府のイホル・ゾウクワは、同国代表団メンバー体調は「良好」で、毒にまつわる話は「うそ」だと話した4月11日イギリス外相リズ・トラスは、ロシア軍マリウポリ市民への攻撃化学物質使用した可能性があるとの報告」があったとツイートした。アゾフ大隊戦闘員同日ロシア軍部隊包囲したマリウポリで「ウクライナ軍民間人に対して正体不明の毒物使用した」と述べていた。また、ゼレンスキー懸念示していた。しかし、こうした主張裏付ける証拠示されておらずアメリカ国務省報道官プライスマリウポリ市長補佐官確認されていない述べた。 この侵攻では、アメリカ機密情報積極的に開示してロシア動き公開するという情報戦をとったが、それにとどまらずCIA頻繁にマスコミ露出してCIAにはクレムリンに通じる内通者がいるとの情報発信しプーチン疑心暗鬼にさせる作戦をとった。敢えて裏工作をしていること悟らせプーチンの元スパイの"人を疑う心"を煽り側近誰も信用できない心理追い込み停戦持ち込む作戦取っていると伝えられた。

※この「情報戦」の解説は、「2022年ロシアのウクライナ侵攻」の解説の一部です。
「情報戦」を含む「2022年ロシアのウクライナ侵攻」の記事については、「2022年ロシアのウクライナ侵攻」の概要を参照ください。


情報戦(インテリジェンス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/13 02:23 UTC 版)

中原会戦」の記事における「情報戦(インテリジェンス)」の解説

国民党軍用いていた暗号の強度弱く、ほとんどの暗号日本軍解読されていた。そのため、日本軍国民党軍編成や行動を把握し、常に機先を制し行動することができた。 さらに中原会戦においては方面軍情報課事前に様々な偽情報中国側流して混乱させる作戦取った混乱すれば通信使って連絡を取り合うため、更にそれを傍受することを期待したのだ。偽情報流される中国軍日本軍意図通り混乱しその様子が情報課傍受された。中国軍内情情報課から作戦課へと伝達され日本軍はその情報を元に攻撃開始することとなる。

※この「情報戦(インテリジェンス)」の解説は、「中原会戦」の解説の一部です。
「情報戦(インテリジェンス)」を含む「中原会戦」の記事については、「中原会戦」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「情報戦」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「情報戦」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「情報戦」の関連用語

情報戦のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



情報戦のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの情報戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの心理戦 (改訂履歴)、7月20日事件 (改訂履歴)、ミッドウェー海戦 (改訂履歴)、北アイルランド問題 (改訂履歴)、2022年ロシアのウクライナ侵攻 (改訂履歴)、中原会戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS