情報収集衛星とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 乗り物 > 宇宙船 > 日本の人工衛星 > 情報収集衛星の意味・解説 

情報収集衛星

読み方:じょうほうしゅうしゅうえいせい

地球周回軌道から地上観測し、情報収集を行う人工衛星


情報収集主な目的として防衛安全保障上の目的がある。そのため、情報収集衛星は「事実上偵察衛星」と呼ばれるいわゆる偵察の他にも、大規模災害発生時に被災地状況確認する用途などが想定されている。

情報収集衛星には「光学衛星」と「レーダー衛星」の2種が主に使用されている。それぞれ観測方式異なり相互に補完する位置づけとなっている。

日本政府2011年に「光学4号機」を、同年12月に「レーダー3号機」を打ち上げ、共に成功した。これによって昼夜安全保障上の情報収集促進することが期待される。

情報収集衛星(じょうほうしゅうしゅうえいせい)(spy satellite)

地上様子上空から探るための人工衛星

上空周回軌道から望遠カメラ地上様子撮影し、さまざまな情報収集する人工衛星のこと。主に、軍事防衛といった安全保障目的で使われる。偵察衛星ともいう。

アメリカ旧ソ連による冷戦本格化した1960年代から、敵陣情報集め目的で、これまでアメリカだけでも1000機以上も打ち上げられた。現時点の情報収集衛星の最高性能は、地上にある10センチメートルほどの「もの」を見分けることができる。

日本では、1998年北朝鮮テポドン(ミサイル)発射したことを契機に、情報収集衛星の導入求め声が高まった。これまでアメリカから送られてくる情報頼りにしていた日本政府は、北朝鮮核兵器開発日本海での不審船などの情報自前収集できるようになると期待している。

(2003.02.24更新


情報収集衛星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/26 16:45 UTC 版)

情報収集衛星(じょうほうしゅうしゅうえいせい、英語: Information Gathering Satellite, IGS)とは、日本内閣官房が、安全保障や大規模災害への対応、その他の内閣の重要政策に関する画像情報収集を行うために運用している事実上の偵察衛星である。




注釈

  1. ^ 打ち上げ時点では、既に分解能31cmのデジタルグローブ社の商用衛星WorldView-3英語版が打ち上げられている。
  2. ^ 出典では2021年度打ち上げだが、2015年12月に宇宙基本計画工程表が改訂され、2023年度に打ち上げが繰り延べされた。

出典

  1. ^ 春原剛 著 『誕生国産スパイ衛星』、日本経済新聞社ISBN 4532165148、pp.124–134
  2. ^ a b c d e f g h 衆議院議員吉井英勝君提出大規模災害時における情報収集衛星の活用に関する質問に対する答弁書 内閣衆質177第286号、2011年(平成23年)7月8日
  3. ^ 資料14 わが国における宇宙の開発及び利用の基本に関する決議 1969年(昭和44年)5月9日衆議院本会議、平成2年版防衛白書
  4. ^ a b c 政府、高解像度の衛星を開発へ…40センチの物体も識別 読売新聞 2009年1月31日(2009年2月3日時点のアーカイブ
  5. ^ 第183回国会衆議院予算委員会第23号、衆議院、2013年4月16日
  6. ^ 衛星データの種類と入手の際の留意点 一般財団法人 リモート・センシング技術センター
  7. ^ a b 松浦晋也 (2014年7月28日). “何のための情報収集衛星なのか?(その1) 情報収集衛星とはこんなもの”. PC Online (日経BP). http://pc.nikkeibp.co.jp/article/column/20140728/1138128/ 2017年1月24日閲覧。 
  8. ^ a b No.696 :情報収集衛星の軌道判明 宇宙作家クラブ 2003年3月30日
  9. ^ 情報収集衛星の4基体制確立 4号機が本格運用開始 47NEWS 2013年4月26日
  10. ^ 連続故障の情報レーダー衛星、予備機打ち上げへ YOMIURI ONLINE(読売新聞) 2010年10月9日(2010年10月11日時点のアーカイブ
  11. ^ a b c d 情報収集衛星に係る平成28年度概算要求について、内閣衛星情報センター、2015年9月
  12. ^ a b c 今後の情報収集衛星の整備に係る検討状況、内閣衛星情報センター、2015年6月
  13. ^ 宇宙開発戦略本部決定 宇宙基本計画工程表(平成27年度改訂) (PDF)”. 宇宙開発戦略本部 (2015年12月8日). 2015年12月12日閲覧。
  14. ^ a b c d e f g h i j k l m 宇宙基本計画工程表(令和元年度改訂案) (PDF)”. 宇宙開発戦略本部 (2019年12月13日). 2019年12月13日閲覧。
  15. ^ a b c d e f 宇宙基本計画工程表(平成29年度改訂案) (PDF)”. 宇宙開発戦略本部 (2017年12月12日). 2017年12月15日閲覧。
  16. ^ 偵察衛星、能力に疑問符 試験運用で「分解能」半分以下 朝日新聞 2003年6月7日
  17. ^ a b 宇宙政策委員会 第3回会合 配布資料 P45 内閣府宇宙政策委員会 2012年8月29日
  18. ^ “IGS 1B Re-Entry”. SPACEFLIGHT 101. (2012年7月26日). オリジナルの2012年10月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121028184221/http://www.spaceflight101.com/igs-1b-re-entry.html 2012年8月16日閲覧。 
  19. ^ 会計検査院 平成15年度決算検査報告
  20. ^ a b c d e f g 宇宙開発委員会計画調整部会(第3回)資料:次期情報収集衛星の研究、2000年(平成12年)7月27日
  21. ^ 情報衛星1基と通信途絶=政府 時事ドットコム 2013年11月8日
  22. ^ “寿命超えた情報収集衛星「光学2号機」運用終了”. 読売新聞. (2013年12月24日). http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20131224-OYT1T01138.htm 2013年12月24日閲覧。 
  23. ^ 政府の情報収集衛星が故障 レーダー型、監視活動に影響 asahi.com 2010年8月28日(2012年5月25日時点のアーカイブ
  24. ^ 北監視衛星またトラブル…「2号」も復旧断念 YOMIURI ONLINE(読売新聞) 2010年10月7日
  25. ^ 宇宙政策の政府見解に関する質問主意書 2007年(平成19年)6月29日提出 質問第435号
  26. ^ 衆議院議員吉井英勝君提出宇宙政策の政府見解に関する質問に対する答弁書 内閣衆質166第435号、2007年(平成19年)7月10日
  27. ^ a b 宇宙基本計画(案)別紙2参照 宇宙開発戦略本部事務局 2009年4月28日
  28. ^ “IGS 4B Re-Entry”. Spaceflight 101. (2013年11月13日). オリジナルの2013年12月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131203004943/http://www.spaceflight101.com/igs-4b-re-entry.html 2013年11月17日閲覧。 
  29. ^ 情報収集衛星「光学3号機」の運用終了 産経ニュース 2017年9月15日
  30. ^ a b c ベール脱いだ情報収集衛星、18日打ち上げ 大震災で“秘密主義”緩和 効果をアピール MSN産経ニュース 2011年9月17日(2011年9月17日時点のアーカイブ
  31. ^ 情報収集衛星 打ち上げ成功 MSN産経ニュース 2011年9月23日(2011年9月23日時点のアーカイブ
  32. ^ 情報収集衛星が運用終了 光学4号機 産経ニュース 2018年8月8日
  33. ^ a b 情報収集衛星打ち上げ成功 H2A 成功率95%を達成 北朝鮮の軍事施設監視に弾み MSN産経ニュース 2011年12月12日(2011年12月12日時点のアーカイブ
  34. ^ 情報収集衛星関係経費 財務省平成24年度予算執行調査資料(総括調査票)
  35. ^ JAXAなど、情報収集衛星レーダー4号機を来月打ち上げ 日刊工業新聞 2012年12月5日
  36. ^ 情報収集衛星の概要 内閣衛星情報センター
  37. ^ H2Aロケット27号機、打ち上げ成功 情報収集衛星・レーダー予備機搭載 産経ニュース 2015年2月1日
  38. ^ a b 「北」監視能力の向上期待 情報収集衛星打ち上げ成功 産経ニュース 2015年3月26日
  39. ^ a b c H2Aロケット28号機打ち上げ成功 情報収集衛星搭載 朝日新聞 2015年3月26日
  40. ^ a b c 情報収集衛星打ち上げ成功 物体識別能力は従来の約2倍、夜間監視力が向上 産経ニュース 2017年3月17日
  41. ^ a b c d 情報収集衛星の研究・開発 首相官邸
  42. ^ a b 情報収集衛星の打ち上げ成功 約30センチの高解像度、北朝鮮の監視強化へ 産経ニュース 2018年2月27日
  43. ^ a b 情報収集衛星レーダー6号機の打ち上げ成功 北朝鮮や中国の監視強化 産経ニュース 2018年6月12日
  44. ^ Ltd, Mitsubishi Heavy Industries. “H-IIAロケット41号機による情報収集衛星光学7号機の打上げ時刻及び打上げ時間帯について|三菱重工” (jp). 三菱重工. 2020年1月26日閲覧。
  45. ^ 小林舞子 (2020年1月28日). “H2A、打ち上げ中止 ロケットに注入するガス漏れる”. 朝日新聞デジタル. https://www.asahi.com/articles/ASN1X0GHPN1WULBJ01P.html 2020年2月4日閲覧。 
  46. ^ a b 情報収集衛星、打ち上げ成功 北朝鮮などを監視 産経新聞 2010年2月9日
  47. ^ a b c d 情報収集衛星に係る 平成30年度概算要求について 内閣衛星情報センター
  48. ^ 特別重点要求・重点要求 要求概要 首相官邸
  49. ^ 地上の車種も識別、新型情報衛星 21年度打ち上げへ、日本経済新聞、2014年10月13日
  50. ^ 衆議院議員塩川鉄也君提出特別秘密の管理に関する質問に対する答弁書 内閣衆質181第10号、2012年(平成24年)11月6日
  51. ^ a b 地球観測衛星・センサに関する調査資料 総合科学技術会議
  52. ^ 情報衛星小型化へ研究着手 北朝鮮監視強化で政府 47NEWS共同通信) 2005年1月10日
  53. ^ 情報衛星高度は約490キロ 政府の秘密扱い無意味に 47NEWS(共同通信) 2007年3月17日
  54. ^ 文部科学省におけるリモートセンシング衛星の取組について (PDF)”. 文部科学省 (2015年9月). 2017年10月29日閲覧。
  55. ^ 大規模災害時等における情報収集衛星画像に基づく加工処理画像の公開について 内閣官房 2015年9月9日
  56. ^ 情報収集衛星の情報開示に関する質問主意書 2008年(平成20年)11月28日提出 質問第291号
  57. ^ 衛星画像不提供は遺憾 山下議員に片山総務相答弁 しんぶん赤旗 2011年3月25日
  58. ^ 原発事故の衛星画像隠す 災害対応より「秘密保全」 政府の答弁とも矛盾 衆院特委で赤嶺議員追及 しんぶん赤旗2013年11月21日
  59. ^ 情報収集衛星――震災で役立っているか、朝日新聞社説 2011年5月16日
  60. ^ a b 衆議院議員吉井英勝君提出大規模災害時における情報収集衛星の活用に関する再質問に対する答弁書 内閣衆質177第315号、2011年(平成23年)7月19日
  61. ^ “比に被災地図提供=政府”. 時事ドットコム. (2013年11月14日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013111300981 2013年11月14日閲覧。 
  62. ^ “フィリピン政府への台風被害の被災状況推定地図の提供について”. 内閣情報調査室. (2013年11月13日). http://www.cas.go.jp/jp/houdou/131113chizu.html 2013年11月17日閲覧。 
  63. ^ “マレーシア機捜索の日本衛星、漂流物を発見”. 読売新聞. (2014年3月27日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20140327-OYT1T00530.htm 2014年3月27日閲覧。 
  64. ^ “日本も情報収集衛星で“漂流物”確認”. NHK. (2014年3月27日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140327/k10013300973000.html 2014年3月27日閲覧。 
  65. ^ “中国漁船とみられる外国漁船による違法操業について”. 内閣情報調査室. (2014年11月18日). https://www.cas.go.jp/jp/houdou/141118gyosen.html 2014年11月23日閲覧。 
  66. ^ “西之島の噴火活動に関する資料の提供について”. 内閣情報調査室. (2014年12月5日). https://www.cas.go.jp/jp/houdou/141205nishinoshima.html 2014年12月13日閲覧。 
  67. ^ 情報収集衛星の画像初公開 常総市の豪雨被害 産経ニュース 2015年9月11日
  68. ^ 平成27年台風第18号による大雨等に係る被災地域の加工処理画像等について 内閣官房 2015年9月11日
  69. ^ 松浦晋也 (2015年9月15日). “情報収集衛星、鬼怒川水害でグーグルにKO負け IGS撮影画像を初公開も、Googleクライシスレスポンスに完敗”. 日経ビジネスオンライン (日経BP). http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/217467/091400001/ 2016年10月14日閲覧。 
  70. ^ 松浦晋也 『国産ロケットはなぜ落ちるのか H-IIA開発と失敗の真相』 日経BPISBN 4822243834
  71. ^ 春原剛 『誕生国産スパイ衛星 独自情報網と日米同盟』 日本経済新聞社 ISBN 4532165148 P.210付近
  72. ^ 松浦晋也 (2006年5月31日). “松浦晋也の「宇宙開発を読む」 低コスト化で岐路に立つM-Vロケット(3) - 問題の根本は情報収集衛星による予算不足”. 日経BP. http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/matsuura/space/060531_rocket3/index1.html 2017年1月24日閲覧。 


「情報収集衛星」の続きの解説一覧



情報収集衛星と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「情報収集衛星」の関連用語

情報収集衛星のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



情報収集衛星のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2020 時事用語のABC All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの情報収集衛星 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS