インターネット衛星とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > インターネット衛星の意味・解説 

インターネット通信衛星

読み方インターネットつうしんえいせい
別名:インターネット衛星,ネット衛星

インターネット通信衛星とは、インターネット通信への利用主な目的とする通信衛星のことである。とりわけ2014年現在では、NICT情報通信研究機構)とJAXA宇宙航空研究開発機構)が開発した実験用の静止衛星「きずな(WINDS)」の通称として用いられることが多い。

インターネット通信衛星「きずな(WINDS)」は、2008年H-IIAロケット打ち上げられた。VSAT超小型地球局)との間で最大155Mbpsの受信、6Mbpsの送信実現する他、大型アンテナ使用することにより最大1.2Gbpsの双方向通信実現するという。

インターネット通信衛星は地上インフラ比べカバーできる範囲広域に及び、自然災害などの影響を受けにくいといった利点がある。国内または国内周辺アジア諸国高速インターネット接続するインフラとして、あるいは災害対策はじめとする分野通信インフラとして、実験検証が進められている。


参照リンク
超高速インターネット衛星「きずな」(WINDS) - (JAXA
無線通信のほかの用語一覧
その他無線通信:  ワイヤレスUSB  xMax  ZigBee
衛星通信:  インターネット通信衛星  BS  基地局  N-STAR

通信衛星

(インターネット衛星 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/29 04:36 UTC 版)

通信衛星(つうしんえいせい、英語: communications satellite)とは、マイクロ波帯の電波を用いた無線通信を目的として、宇宙空間に打ち上げられた人工衛星である。CSやCOMSAT(コムサット)などと略される。その出力が大きく、使用目的が人工衛星から直接放送するものを放送衛星(BSまたはDBS)という。










英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「インターネット衛星」の関連用語

インターネット衛星のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

905i

ニコニコメッセ

Adamo XPS

IdeaPad Y500

GALAXY J SC-02F

iPad Air

ニンテンドーDS Lite

iPad





インターネット衛星のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2018 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリインターネット通信衛星の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの通信衛星 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS