ルーターとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > ルーターの意味・解説 

ルーター

【英】router

ネットワークを繋ぐ役割を果たすハードウェアまたはソフトウェアのこと。言い換えると、ルーターは、コンピュータ行き先アクセス先)を教えるために設置される。

Router ルーター

インバウンドコールを受信可能状態や部署基づいて送る機能

ルーター

別名:ルータ
【英】router

ルーターとは、複数異なネットワーク間でデータやりとり中継するための機器のことである。

ある閉じたネットワーク内では、プライベートアドレス呼ばれる宛先情報利用して、通信が行われている。しかし、プライベートアドレスは、そのネットワーク内においてのみ有効なアドレスであるため、異なネットワークをまたがって使用することができない。ルーターは、このプライベートアドレスを、インターネット上で一意識別可能なグローバルアドレス呼ばれる宛先情報変換し、複数異なネットワーク間での通信を可能としている。

ネットワーク上では、データは細かい単位分割された上でヘッダ情報付与された、パケット呼ばれる単位で扱われる。ルーターは、アドレス情報各通機器との対応関係が記載されたルーティングテーブル呼ばれるデータベースを持っており、パケット受け取った際に、パケットヘッダ部分に含まれているアドレス情報ルーティングテーブル照合することで、適切な経路選択ルーティング)を実現可能としている。

ブロードバンドルータ

インターネットでは、通信プロトコルTCP/IP採用されているため、インターネット通じ通信ルーティングにはIPアドレスが用いられている。TCP/IP以外に、IPXXNSといった複数プロトコルにも対応しているルーターは、特にマルチプロトコルルータと呼ばれている。ルーターが対応していない通信プロトコルデータは、ルーターによってすべて破棄される。

ルーターは、以前は、比較規模大きな企業利用するもので、一般家庭などではADSLモデムONU光回線終端装置)にパソコン直接接続してインターネット接続するような場合が多かった。しかし、最近では、小規模オフィス家庭などにおいてもLAN構築され、ネットワーク接続するためにルーターが必要となる場合が増えている。家庭用のルーターとしては、ダイヤルアップルーターブロードバンドルーター呼ばれる機器利用されている。最近では、ADSLFTTHによるブロードバンド環境普及しているため、ブローバンドルーターによって、PCをはじめ家庭内LAN接続されたすべての機器同時にブロードバンドインターネット常時接続できるようにされている場合が多い。

ルーターの種類性能は、企業通信事業者運用する大規模ネットワーク相互接続するための、高速信頼性の高いハイエンドモデルから、低価格家庭向けモデルまで、用途によって多種多様である。また、ルーティング機能だけではなくフィルタリング機能ファイヤーウォール備えていたり、無線LAN機能ADSLモデムONU内蔵していたりと、他の機能併せ持っている場合も多い。



※画像提供 / ヤマハ株式会社
通信方式のほかの用語一覧
通信制御:  レイヤ7スイッチ  リピータ  リング型  ルーター  SMB  SABM  サーバメッセージブロック

ルーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/17 01:31 UTC 版)

ルーターまたはルータ: router)は、コンピュータネットワークにおいて、データを2つ以上の異なるネットワーク間に中継する通信機器である。通信プロトコルTCP/IPが使われるようになってから普及した。データをネットワーク層で、どのルートを通して転送すべきかを判断するルート選択機能を持つ。




注釈

  1. ^ CATVやADSLが広まった後も、安定したインフラクチャであるナローバンドとしての利用は続いた[4]
  2. ^ ただし、ブロードバンド普及についての経緯や規模は各国の政策、通信事情により異なる[5]
  3. ^ レイヤ2スイッチもASIC実装に至る。
  4. ^ 主にヤマハ製品で使われる呼称。ヤマハはエッジルーターを拠点ルーターと呼ぶ。
  5. ^ Infonetics Researchは、「EthernetとIPサービスへの移行が早まっている。2015年までにはATMやフレームリレーは実質的になくなるだろう、一方、専用線はもう少し先まで残る」と予測している[7]
  6. ^ モジュラー型はインターフェースカードをスロットに差し込むことでユニット交換が可能であり、拡張性に優れている。
  7. ^ フレームリレーの場合、ルーターをFRAD (Frame Relay Access Device) に設定し、接続先をデータ回線終端装置 (DCE) とする。
  8. ^ ルーターがIPパケットをルーティングする際、IPパケット・ヘッダーのTTL(Time To Live、IPパケットの寿命を表す数値)を1減らす。また、NAT/NAPTなどのアドレス変換時も、IPパケット・ヘッダーを書き換える。また、転送先のルートに合わせて、IPパケットを分割する場合もある。
  9. ^ cisco社ではアクセスリストまたはアクセス制御リスト (Access Control List) として実装する。
  10. ^ ルーティングテーブルは、宛先アドレス、ネクストホップ、送出元のインタフェースの各情報を持つ。
  11. ^ cisco社では、これをアドバタイズメント (advertisement) と呼ぶ。
  12. ^ ヤマハのRTシリーズなどでは、ネットワークバックアップ機能と呼ばれる[12]
  13. ^ 概ね2010年代前半までの機種。2010年代後半以降最新のIPv6/IPv4 over IPv6方式には対応していないものも多い
  14. ^ 本体に穴を開け、PC用ケースファンを設置するユーザもいる[17]
  15. ^ 2010年代後半以降、フレッツ網におけるIPv6でのIPv6 IPoEやIPv4 over IPv6の普及以降は、日本の各メーカーにおいて標準的機能となった。(生産終了機種を除く)
  16. ^ 一部のISP回線事業者(FVNE)での方式
  17. ^ フレッツ網におけるIPv6 IPoEルーティングは、「フレッツv6オプション」を契約により登録して、特定のVNE/ISPに接続(NGN網上の固定ルート設定)する形態であり、フレッツ網側からプレフィクスが広告(RA)される仕組みは共通であり、VNE/ISPによる差異は小さい。
  18. ^ IPv4 over IPv6の方式は各種類があり(基本的にはVNEごとに方式が違う場合がある)、ISP毎に対応する方式が異なる。ルーター側も全方式を網羅している訳ではないため、ルーターが非対応のサービス方式にはそのままでは接続不可。
  19. ^ セッションの発生から終了までを完全に監視し、中間者攻撃リセットパケットによる攻撃を排除する。(家庭用BBRでは基本的機能と言って良い)
  20. ^ (特定のプライベートアドレス機器をポート変換してグローバルIPアドレスとして公開) 
  21. ^ (対応機器は限定的である)
  22. ^ スマートフォンなどモバイル機器の普及により、無線アクセスポイント機能としての開発比重が高まっており、純粋な(ブロードバンド)ルーター的機能は付加的なものとなっている。例えばフレッツではHGW(ホームゲートウェイ)によるルーター機能の提供、フレッツ以外でもISP回線事業者によるレンタルルーター提供などが一般的である。
  23. ^ 2010年代以降、家庭向けルータ機器のCPUパワーでは非現実的となり、サービス終了・機能終了していった。近年ではDNSサービス側でのフィルタリングサービスを選択可能なものもあるが限定的である(サービス終了のものもある)

出典






ルーターと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ルーター」の関連用語

ルーターのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ルーターのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2021by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
テレマーケティングジャパンテレマーケティングジャパン
Copyright (C)TELEMARKETING JAPAN, INC
アライドテレシス株式会社アライドテレシス株式会社
Copyright(c)2021 Allied Telesis K.K. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリルーターの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのルーター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS