IPとは?

アイ ピー [3] 【 IP 】


ティー シー ピー アイ ピー [9] 【 TCP/IP 】 〔Transmission Control Protocol / Internet Protocol〕

TCP/IP ABC 略語

IP

identified patient
家族療法の用語。患者とみなされた者の意。家族の中で最初に問題視され患者となった人をさし、その人だけが、治療援助対象ではないところから用いられる。

IP

industrial policy
産業政策さんぎようせいさく

IP


IP


IP


IP information provider


IP(インターネット・プロトコル) internet protocol


英国石油協会

読み方えいこくせきゆきょうかい
【英】: the institute of petroleum
略語: IP

英国石油協会。
石油並びに石油製品科学的研究発展増進調整などを目的として、1913 年設立された。協議会Council)の下に事務局があり、さらに石油産業連絡会と管理委員会とがある。また各種の主要委員会があり、石油産業全部門にわたり、研究開発管理を行うとともに石油製品標準計測に関する規格定め、同協会定めた IP 規格API 規格とともに石油産業で用いられる規格として名高い会員数は 1984 年末で 7,363 名である。協会誌として月刊Petroleum Review”がある。

IP:英国石油協会規格 The Institute of Petroleum

  アメリカASTMと並んで広く用いられる。IP規格試験分析法ごとに一連番号年号表記されブック形式発行されている。IP Model Code of Safe Practice in the Petroleum Industryシリーズとして15冊が発行されている。Part-4,8に「Drilling and Production Safety Code for Offshore Operations」がある。
英国石油協会規格
分野 石油関連規格
同義語 英国石油協会
関連用語 BS, DIN, GOST, ACEA, DTD
類似語  
略語 IP
英国石油協会規格

3′‐IMP


ip

【仮名】ip
原文】IP

腹腔内の腹膜腔腹部臓器収納されている領域)の中の、の意味。「intraperitoneal腹腔内の)」とも表現される。

IP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/31 09:42 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

IP


iP!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/27 15:11 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

iP!(アイピー)は、日本DVD-ROM付き[1]コンピュータ情報誌晋遊舎から発売され、2016年までは月刊誌として毎月29日に発売されていたが、2017年以降は季刊誌に格下げされ、毎年3・6・9月の29日と12月27日発売に移行。2018年8月号で廃刊。

内容

1999年9月(1999年11月号)に「Windows100%」のインターネット専門の兄弟誌として創刊された。2002年後半に入ると裏系の記事が目立ち始め、2003年1月号のリニューアルと同時に誌面の色使いが全体的に暗くなり、ファイル共有ソフトDVDのコピーといった著作権侵害を助長するいわゆるアングラ記事のページの占める割合が高くなった。しかしその後は規制強化によりその手の記事は減少傾向が続き、特に2010年以降は2002年以前に回帰したような記事も増えつつある。また2003年以降インターネット以外の記事も扱うようになったため「Windows100%」と内容が極めて近くなり、アングラを巡る記事の変遷までほぼ同様となっている。

その他にもフリーソフトウェアフリーゲームについての記事が多い。基本的に、記事は専門用語などがわからない初心者などにもなるべくわかりやすく説明を入れて書かれている。

1年に一回程度、自作パソコンの作り方など、ノーマルな記事も存在する。

記事の変遷

継続

何でもコピー

現在も残っている裏系記事の筆頭で、特にデジタルデータコピーガードを回避する方法が中心。中でもDVDコピーは2003年のリニューアル号より存在しており、常に特集記事の代表と言える。最近は地デジブルーレイネタも頻繁に見られる。

ゲーム機活用

家庭用ゲーム機でコピーゲーム等を起動させる方法を解説するもの。特にPSPは発売直後から特集され、現在でも「PSPハックステーション」として連載されている。

エミュレータ

ゲームソフトをPC上で動作させるエミュレータの使い方を解説するもので、これも長期にわたり連載が続いている。なおROM入手に関しては2005年以前はやや控えめな表現だったが、以後は普通に紹介されるようになった。

ダウンロード

著作物がダウンロードできる違法サイトの紹介とDL方法の解説。ファイル共有の衰退により2006年前後から雑誌の核となった記事で、2009年までほぼ隔月のペースで特集されていた。2010年1月のいわゆるDL禁止法施行により事実上終了していた。
だが2012年11月号から違法サイト紹介とDL方法の紹介が復活した。

アダルトページ

巻末にあり、撮りおろしグラビア、AV紹介、アダルトHPなどのコーナーがあった。
2013年2月号よりゲーム紹介とアダルト動画サイトの紹介が復活した。

終了

ファイル共有

リニューアル当初のメインとも言える記事。しかし以降の逮捕者続出及びウィルス騒動により非推奨の立場に転換し、現在では稀にBitTorrent系が掲載されるのみ。

シェアウェア系

リニューアル以前は優秀なフリーソフトが少なかったこともありほぼ同等に扱われ、以降も暫くの間紹介記事が存在していた。

ウィルス入手・活用

当時の裏ツール系記事のメインであり、ウィルストロイを使用し他人のPCをハックする方法やその入手先、作成法まで解説するという内容。

エロゲー抽出

18禁美少女ゲームからCG等のデータを抜き出す方法を解説。抽出に使用するソフト、プラグインの入手先まで掲載されていた。

エロゲーコピー

かつて前述の「何でもコピー」特集に存在しており、こちらは18禁美少女ゲームをコピーし、ディスクなしで遊ぶ方法を解説するもの。

脚注

  1. ^ 2007年5月号からは毎号DVD-ROM(かつてはA・B2枚のCD-ROMが付属していたが、現在では統合され容量が増え、以前より内容が充実している)が付属している。付録DVD-ROM内にはフリーソフトウェアやその配布サイトへのリンク、アダルト女優の写真集やアダルトビデオのサンプルムービーなどが収録されている。最近ではオフラインWikipediaを付属ROMに収録することがある。2008年2月号は100号記念号、2008年3月号は100号記念後夜祭となってバックナンバーを収録している。

関連項目

晋遊舎から発行されているパソコン雑誌

外部リンク




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「IP」の関連用語

IPのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



IPのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2019by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2019 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2019 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
石油技術協会石油技術協会
Copyright © 2019, 石油技術協会 作井技術委員会 作井マニュアル分科会
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2019 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのIP (改訂履歴)、iP! (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS