IPとは? わかりやすく解説

アイ‐ピー【IP】


アイ‐ピー【IP】


アイ‐ピー【IP】


アイ‐ピー【IP】

読み方:あいぴー

intellectual property》⇒知的財産権


アイ‐ピー【IP】


アイ‐ピー【IP】

読み方:あいぴー

International Protection日本産業規格JIS)および国際電気標準会議IEC)で定められた電気機器などの防塵(ぼうじん)性能について指標。特に保護なされていない0級(IP0)から、砂などの粉塵侵入しない6級IP6)まで、7段階保護等級規定されている。→アイ‐ピー‐エックスIPX


IP:英国石油協会規格 The Institute of Petroleum


IP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/09 00:22 UTC 版)

IP

普通名詞

IT関連用語

科学・技術用語

医学・医療用語

その他

固有名詞・商標など



iP!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/27 15:11 UTC 版)

iP!(アイピー)は、日本DVD-ROM付き[1]コンピュータ情報誌晋遊舎から発売され、2016年までは月刊誌として毎月29日に発売されていたが、2017年以降は季刊誌に格下げされ、毎年3・6・9月の29日と12月27日発売に移行。2018年8月号で廃刊。


  1. ^ 2007年5月号からは毎号DVD-ROM(かつてはA・B2枚のCD-ROMが付属していたが、現在では統合され容量が増え、以前より内容が充実している)が付属している。付録DVD-ROM内にはフリーソフトウェアやその配布サイトへのリンク、アダルト女優の写真集やアダルトビデオのサンプルムービーなどが収録されている。最近ではオフラインWikipediaを付属ROMに収録することがある。2008年2月号は100号記念号、2008年3月号は100号記念後夜祭となってバックナンバーを収録している。


「iP!」の続きの解説一覧

IP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/15 06:53 UTC 版)

対話型証明系」の記事における「IP」の解説

秘密硬貨意味がないかもしれないが、確率的検証機械全能証明機械多項式回数やりとりをすることで、クラス IP に属す問題を解くことができる。 クラス IP の能力を示すため、グラフ同型問題考えてみよう。これはノード数の等し2つグラフがあったとき、それらが同じ形であるかを判定する問題である。証明証拠ノード対応関係組合せ示されるので、この問題は NP属する。もちろん NPMA包含されるので、この問題は IP にも属する。また、アディ・シャミアグラフ同型問題の補問題を解く IP アルゴリズム発見したco-NP 問題は NP属するか不明であり、一般に属さない考えられている。 そのような機械NP にあるとは信じられていない多くの問題解けるだけでなく、一方向性関数存在することを前提として、検証者に解法についての情報与えず多くの問題解法あるかどうか決定することができる。これらは、検証者に完全な解法任せられない場合に重要となる。一見して検証が解法を知らないのに解法あるかどうか判断するのは不可能に思われるが、NP属すあらゆる問題にいわゆるゼロ知識証明があると信じられており、暗号理論にとって重要であるゼロ知識証明ゴールドワッサーらの IP に関する論文提唱され概念だが、その能力範囲明らかにしたのは Oded Goldreich であった。 この強力なマシンの前では、多くの問題簡単に解かれるようであった1992年アディ・シャミア計算複雑性理論重要な成果となる事実、IP = PSPACE証明したPSPACE決定性チューリング機械多項式領域使って解ける問題クラスである。確率的対話プロトコル古典的な決定性機械の間のこの強い関係は、対話型証明系能力限界概念与え2つ分野重要な繋がり確立した

※この「IP」の解説は、「対話型証明系」の解説の一部です。
「IP」を含む「対話型証明系」の記事については、「対話型証明系」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「IP」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「IP」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「IP」の関連用語

IPのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



IPのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2022by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2022 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2022 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
石油技術協会石油技術協会
Copyright © 2022, 石油技術協会 作井技術委員会 作井マニュアル分科会
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのIP (改訂履歴)、iP! (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの対話型証明系 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS