アディ・シャミアとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 学者・研究者 > 数学者 > 20世紀の数学者 > アディ・シャミアの意味・解説 

アディ・シャミア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/03 06:07 UTC 版)

アディ・シャミアAdi Shamirヘブライ語: עדי שמיר‎、1952年7月6日 - )は、イスラエル暗号の研究者ロナルド・リベストレオナルド・エーデルマンとともにRSA暗号を発明したことで知られる。また、ゼロ知識証明ファイゲ-フィアット-シャミア認証法英語版でも知られ、暗号理論計算機科学に様々な貢献をしてきた。




  1. ^ Coppersmith, Don (1994年5月). “The Data Encryption Standard (DES) and its strength against attacks” (PDF). IBM Journal of Research and Development 38 (3): 243. doi:10.1147/rd.383.0243. http://dl.acm.org/citation.cfm?id=185915.  (subscription required)
  2. ^ Levy, Steven (2001). Crypto: How the Code Rebels Beat the Government — Saving Privacy in the Digital Age. Penguin Books. pp. 55–56. ISBN 0-14-024432-8. 
  3. ^ Even, S.; Itai, A.; Shamir, A. (1976), “On the complexity of time table and multi-commodity flow problems”, SIAM Journal on Computing 5 (4): 691–703, doi:10.1137/0205048 .
  4. ^ IEEE W.R.G. Baker Prize Paper Award Recipients”. IEEE. 2011年2月5日閲覧。
  5. ^ http://awards.acm.org/citation.cfm?id=8526038&srt=all&aw=147&ao=KANELLAK
  6. ^ IEEE Koji Kobayashi Computers and Communications Award Recipients”. IEEE. 2011年2月15日閲覧。
  7. ^ A. M. Turing Award”. Association for Computing Machinery. 2011年2月5日閲覧。
  8. ^ Israel Prize Official Site (in Hebrew) - Recipient's C.V.”. 2012年8月31日閲覧。
  9. ^ Israel Prize Official Site (in Hebrew) - Judges' Rationale for Grant to Recipient”. 2012年8月31日閲覧。
  10. ^ Presentation of the honorary degree at the Fall 2009 Convcation”. 2011年10月31日閲覧。


「アディ・シャミア」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アディ・シャミア」の関連用語

アディ・シャミアのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アディ・シャミアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアディ・シャミア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS