筐体とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > > 筐体の意味・解説 

きょう‐たい〔キヤウ‐〕【×筐体】

読み方:きょうたい

機器類収める箱形容器


筐体

読み方きょうたい
別名:きょう体
【英】cabinet, case

筐体とは、パソコンなどで本体メイン部品収納している外箱のことである。箱やケースなどと呼ばれることも多い。

筐体は数多いパソコン部品一箇所まとめて配置する機能のほか、部品位置固定ホコリ衝撃などからの保護といった役割を持っている。

デスクトップパソコンでは、筐体のおおよそのサイズによってフルタワーミニタワーなどと呼び分けられることもある。


きょうたい【筐体】

パチスロ外枠のこと。大抵のメーカーは、パネルリールテープロムなどは機種によって変えるが、筐体はしばらくの間同じものを使うことが多い。新しい筐体を作るとなったら単位金がかかるんだから、使い回し当然だね。

筐体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/26 14:30 UTC 版)

筐体(きょうたい)とは、何らかの機能を有する機械電気機器などを中に収めたのことを言う。フレームを含めた外装を指す。





筐体(きょうたい)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 10:06 UTC 版)

パチスロ用語の一覧」の記事における「筐体(きょうたい)」の解説

パチスロ機本体を指す。メーカーによって形様々であるが、器具部位配置はほぼ同一メーカーごとに、筐体モデルに名前を付けている場合が多い。近年の筐体は人間工学に基づいて製作されているため、長い時間遊技においてストレス感じにくくなっているのが特徴。車のように数年ごとにマイナーチェンジ・フルモデルチェンジがある。なお、順調なメーカーはあまりモデルチェンジ行わず売れ行きに難のあるメーカー頻繁にフルモデルチェンジ実施する傾向にある。

※この「筐体(きょうたい)」の解説は、「パチスロ用語の一覧」の解説の一部です。
「筐体(きょうたい)」を含む「パチスロ用語の一覧」の記事については、「パチスロ用語の一覧」の概要を参照ください。


筐体(キャビネット)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/09 20:38 UTC 版)

レコードプレーヤー」の記事における「筐体(キャビネット)」の解説

ターンテーブルトーンアームとを機械的に結合しレコードプレーヤーとする土台ターンテーブルトーンアーム位置関係固定されなければならないので固い体の部材に取付けられるが、床を伝わってくる振動音響による振動防止するために、筐体を二重構造としターンテーブルトーンアーム取り付けた部材をばねやゴム浮かす方式や、逆に単一の重量のある頑丈な筐体とする方式などがある。底面の足はばねやゴム内蔵し振動吸収するインシュレーターとすることが一般的である。

※この「筐体(キャビネット)」の解説は、「レコードプレーヤー」の解説の一部です。
「筐体(キャビネット)」を含む「レコードプレーヤー」の記事については、「レコードプレーヤー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「筐体」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「筐体」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



筐体と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「筐体」の関連用語

筐体のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



筐体のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2023 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ筐体の記事を利用しております。
パチンコビレッジパチンコビレッジ
Copyright(C)pachinkovillage.Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの筐体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのパチスロ用語の一覧 (改訂履歴)、レコードプレーヤー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS