継手とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 機構 > 継手 > 継手の意味・解説 

つぎ‐て【継(ぎ)手/接(ぎ)手】

継ぎ手家督家業などを継ぐ人。あととり

二個の機械部品をつなぎ合わせる部品ジョイント

木造建築柱・梁(はり)、船の敷(しき)・水押(みおし)・戸立(とたて)などの部材部材との継ぎ目また、継ぐ方法部材長さ方向結合する場合にいう。

囲碁で、離れている石をつなぐために打つ手


つぎて 継手 joint, coupling, fitting

金属木材などの部材接合する部分、または接合するための部品をいう。 ②部材長手方向に継ぐ方法、またはその個所をいう。

継手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/23 05:18 UTC 版)

継手(つぎて、joint)は、2つの部分を接合する構造の総称。


  1. ^ クラッチとしての流体継手とは別
  2. ^ Bio Process International,Page66, May 2007
  3. ^ Design World, September 2012 about Hybrid connector by Jaime R. Erickson


「継手」の続きの解説一覧



継手と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「継手」の関連用語

継手のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



継手のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2020 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの継手 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS