継ぎ目とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > 継ぎ目の意味・解説 

つぎ‐め【継(ぎ)目/続ぎ目】

物と物のつなぎ合わせてある部分つなぎめ。「水道管の—」

骨と骨とが連結している部分関節

「膝の—が急に痛くなった」〈漱石夢十夜

家督・位・役職などを交替すること。また、その後継者。あとつぎ

「これが無ければ—の参内がならぬ故」〈伎・壬生大念仏


つぎ‐め【継目・続目】

〔名〕 空間的、または時間的連続する二つのものの、互いに接している部分

物理的空間的接合部分。物と物とがつなぎ合わせてある所。

(10C終)二三「御硯の墨すれと仰せらるるに、目はそらにて、ただおはしますをのみ見たてまつれば、ほとどつぎめもはなちつべし」

明暗(1916)〈夏目漱石〉四七「幕がふわふわ動いて、継目(ツギメ)の少し切れた間から」

② 骨と骨とが互いに運動できるように連結している部分関節

大智度論天安二年点(858八九「六は骨の際(ツキメ)鈎の鎖(くさ)れるが如し

夢十夜(1908)〈夏目漱石第二夜「膝の接目(ツギメ)が急に痛くなった」

先行した物事終了して、新たに他が引き継ぐ区切りとなる時。時代転換期

愚管抄(1220)三「顕宗仁賢仁徳宇治太子との例をおぼしめしてめでたけれどまた程なし。これをはかりみるに、一期一段おとろふるつぎめにこそ」

米沢沙石集(1283)一〇本「平家ほろびて後、源氏世になりしつきめに」

代々受け継がれる家督・位または役職などが、ある人から他の人に交替すること。また、その時相続

愚管抄(1220)三「これはみな王法おとろふるうへに又おこしたつるつぎめつぎめに、やうかはりてめづらしくて」

歌舞伎独道中五十三駅(1827)序幕二品の宝出ぬ時は、家の継ぎ目も叶はぬゆゑ」

(5) 銚子(ちょうし)などの中の酒が空になって、さらに追加すること。お代わり。酒がなくなって追加を必要とする状態にも、また、新しく持って来た酒にもいう。

浮世草子・俗つれづれ(1695)一「銚子の次目(ツギメ)今一つとすすむ」


継ぎ目 SIDE SEAMS

敷き詰めの際、カーペットジョイントするが、そのタテ方向の継ぎ目をいう。レングス(LENGTH)シームスと も呼ぶ。



継ぎ目と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「継ぎ目」の関連用語

継ぎ目のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



継ぎ目のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ニッシンニッシン
Copyright (C) 2021 NISSIN CARPET CO., LTD. All Rights Reserved

©2021 GRAS Group, Inc.RSS