コンピュータウイルスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > コンピュータ > ソフトウェア > マルウェア > コンピュータウイルスの意味・解説 

ウィルス

別名:ウイルスコンピュータウィルス,コンピュータウイルス
【英】computer virus

ウィルスとは、コンピュータ感染して破壊活動行ったりトラブル引き起こしたりするプログラムのことである。病原体ウィルスが伝染する様にたとえてこのように呼ばれている。通常感染経路となるのは、ネットワークフロッピーディスクCD-ROMなどであり、一旦感染するディスク保存されているファイル破壊したり、ディスプレイ異常な表示行ったりする。また、近年では感染したパソコンサーバにして、保存されているデータ外部流出させるものも存在するこの内ネットワーク使って自己増殖するものは特に「ワーム」と呼ばれる

コンピュータウィルスは、プログラムそれ自体ソフトウェアOS寄生しデータ交換した他のコンピュータ自分のコピー寄生させる働きをするプログラムのことを原則的には指すが、

システム停止データ破壊など、悪意含んだ目的で作成されたものも非常に多く見られる

またウィルスの中にはシステム侵入感染)しても、すぐには目に見えるよう働きをせず、一定期間潜伏してから特定の操作をした場合特定の期日になるとメッセージ表示したり、破壊的な活動開始発病)するものもある。

このようなウィルスの感染防止したり、感染してしまったウィルスの検出除去治療)をするプログラムは「ワクチンソフト」「ウィルス対策ソフト」などと呼ばれる

また近年では、「Word」「Excel」などのマクロ機能使って文書ファイル感染するマクロウィルス」なども発見されている。


参照リンク
マカフィー株式会社
Symantec Corp.
Trend Micro Homepage (Japan)
情報処理推進機構

コンピュータウイルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/20 14:57 UTC 版)

コンピュータウイルス表記揺れコンピューターウイルス[注 1]: computer virus)とは、マルウェアコンピュータに被害をもたらすプログラム)の一種で、自立せず、動的に活動せず、プログラムファイルからプログラムファイルへと静的に感染するものを指す。


注釈

  1. ^ 「イ」を「ィ」と小書きする場合もある。
  2. ^ virus を「ウィルス」「ウイルス」と読み書きするのは古典ラテン語 vīrus の発音 [wiː.rus]日本語音写例:ウィールス)に由来する音写風の慣習形であり、英語 virus 発音 [vaɪɹəs] の音写形では「ヴァイラス」となる。
  3. ^ 詳しくは通産省の告示[1]を参照のこと。

出典

  1. ^ 情報処理推進機構 セキュリティセンター (IPA/ISEC) (2012年3月16日). “コンピュータウイルス対策基準”. 公式ウェブサイト. 独立行政法人 情報処理推進機構. 2020年5月23日閲覧。
  2. ^ 情報技術用語データベース JIS X 0008:2001 情報処理用語(規制,完全性及び安全保護) 2001改正●1987制定”. Yamasaki Lab (2001年). 2020年5月23日閲覧。
  3. ^ 独立行政法人 情報処理推進機構 (2004年1月5日). “コンピュータウイルス対策基準”. 公式ウェブサイト. 経済産業省. 2020年5月23日閲覧。
  4. ^ 英国の賭博サイトを停止させる恐喝犯 [リンク切れ] @police(警察庁)、2004年04月06日。
  5. ^ 三柳英樹 (2006年4月17日). “命令を受けて2ちゃんねるへの攻撃を行なうボット「Trojan.Sufiage.C」”. INTERNET Watch. Impress Watch. 2020年5月23日閲覧。
  6. ^ Singh, Amit (2004年6月). “A Taste of Computer Security”. Kernelthread.com. Digital Life: Viruses. 2020年5月23日閲覧。
  7. ^ Cohen, Fred (1984年). “Computer Viruses - Theory and Experiments”. Fred Cohen & Associates. 2020年5月23日閲覧。
  8. ^ Ludwig (1995).
  9. ^ Raymond (1996).
  10. ^ Ford and Spafford (2007).
  11. ^ 【中国軍事情勢】厚いベールに包まれた人民解放軍サイバー部隊 「網電一体戦」構想で一体何を仕掛けようとしているのか?」『産経ニュース産業経済新聞社、2016年3月5日、1面。2020年5月23日閲覧。
  12. ^ http://www.symantec.com/region/jp/news/year04/040922.html [リンク切れ][出典無効]
  13. ^ a b c 携帯電話で感染する致死性ウイルスのうわさ、アフガニスタン」『Reuters.com』ロイターカーブル(16日)、2007年4月27日。2020年5月23日閲覧。



コンピュータウイルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/14 14:28 UTC 版)

アイアンマン (2010年のアニメ)」の記事における「コンピュータウイルス」の解説

第6話登場。翔がゾディアック協力得て開発したコンピュータウイルス。羽の生えたモチーフになっている。アークステーションの鉄壁を誇るコンピュータシステム侵入することが出来るほどの性能を持つ。通常のコンピュータウイルスと異なり、翔が研究していた「意識コンピュータ言語変換する可能性」を実現した物であるため使用者意思自在に操作が可能となっている。

※この「コンピュータウイルス」の解説は、「アイアンマン (2010年のアニメ)」の解説の一部です。
「コンピュータウイルス」を含む「アイアンマン (2010年のアニメ)」の記事については、「アイアンマン (2010年のアニメ)」の概要を参照ください。


コンピュータウイルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 07:54 UTC 版)

秘密結社鷹の爪」の記事における「コンピュータウイルス」の解説

Mr.Aが操るハゲタカをも倒せる力を持つサイバー空間では、なぜかブルース・ウィリスのような姿をしていて、名前もブルース・ウィルス呼ばれていた。

※この「コンピュータウイルス」の解説は、「秘密結社鷹の爪」の解説の一部です。
「コンピュータウイルス」を含む「秘密結社鷹の爪」の記事については、「秘密結社鷹の爪」の概要を参照ください。


コンピュータウイルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/19 08:06 UTC 版)

ヤンキードゥードゥル」の記事における「コンピュータウイルス」の解説

ヤンキードゥードゥル」と呼ばれるコンピュータウイルスがある。この曲を演奏する、という発症形態由来する命名で、現在のマルウェアデータベースでは、@media screen{.mw-parser-output .fix-domain{border-bottom:dashed 1px}}Old YankeeとVacsinaという2系列に[要出典]分類されている。いずれもIBM-PC前提のため、PC-9801上では感染する発症しようとする暴走してしまい、演奏聞くことはできないまた、当時日本ウイルスの調査行っていた日本コンピュータクラブ連盟山本隆雄は(当初は)その名前が音楽のことだとわからなかったため、(日本の不良を指す)ヤンキー溜まり場、という連想から「戎橋1号」と意訳命名した

※この「コンピュータウイルス」の解説は、「ヤンキードゥードゥル」の解説の一部です。
「コンピュータウイルス」を含む「ヤンキードゥードゥル」の記事については、「ヤンキードゥードゥル」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「コンピュータウイルス」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

コンピュータウイルス

出典:『Wiktionary』 (2021/06/16 12:59 UTC 版)

名詞

コンピュータ ウイルス

  1. コンピュータ侵入してプログラムデータ破壊する等、被害もたらす不正プログラム一種

語源

関連語

翻訳


「コンピュータウイルス」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

コンピュータウイルスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



コンピュータウイルスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリウィルスの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコンピュータウイルス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアイアンマン (2010年のアニメ) (改訂履歴)、秘密結社鷹の爪 (改訂履歴)、ヤンキードゥードゥル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのコンピュータウイルス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS