レイヤ7スイッチとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > コンピュータ > スイッチ > レイヤ7スイッチの意味・解説 

レイヤ7スイッチ

読み方レイヤーセブンスイッチ
別名:L7スイッチアプリケーションスイッチ
【英】layer 7 switch

レイヤ7スイッチとは、ネットワーク中継する機器のひとつで、OSI参照モデルレイヤ7アプリケーション層)に相当するアプリケーションレベルのプロトコル利用規約情報調べパケット転送処理を行うスイッチのことである。

ルーティング処理は、その大半レイヤ2データリンク層)のMACアドレスや、あるいはレイヤ3ネットワーク層)のIPアドレス用いて行われいずれもデータ内容には関与しない。しかしレイヤ7スイッチにおいてはHTTPFTPなどのアプリケーションそのもの認識し、パケット具体的な通信内容元に行き先制御することができる。それゆえ例え転送順位設定するといったことも可能となる。

レイヤ7スイッチの中にはアプリケーションプロトコル認識能力利用して「誰がどのアプリケーションをどの程度利用したのか」といった情報収集する課金管理システムなどの機能搭載されている製品珍しくない。あるいは、ファイヤーウォール侵入者検知システムIDS)のロードバランシング行なうもの、攻撃対象となったサーバーの「デコイ」(おとり)として侵入記録を記すデコイサーバーの機能を持った製品などもある。

通信方式のほかの用語一覧
通信制御:  OSPF  QoS  RIP  レイヤ7スイッチ  リピータ  リング型  ルーター



レイヤ7スイッチと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「レイヤ7スイッチ」の関連用語

レイヤ7スイッチのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



レイヤ7スイッチのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリレイヤ7スイッチの記事を利用しております。

©2019 Weblio RSS