クロスバースイッチとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > コンピュータ > スイッチ > クロスバースイッチの意味・解説 

クロスバースイッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/02 00:52 UTC 版)

クロスバースイッチは、縦方向に並行した複数の通信路と横方向の同様な通信路の交点にスイッチを設け、これらのスイッチ群を制御することで、対向する通信路との専有経路を動的に構築する構造である。クロスバー電話交換機で金属棒が交差している状況から「クロスバー」スイッチと呼ばれるようになった。






「クロスバースイッチ」の続きの解説一覧





クロスバースイッチと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「クロスバースイッチ」の関連用語

クロスバースイッチのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

水亜鉛銅鉱

焦げ付き探知消火機能

勝沼堰堤

さんふらわあ さっぽろ

鳥の巣

WX330K

イグアスの滝

MF100型





クロスバースイッチのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクロスバースイッチ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS