レーダー衛星とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > レーダー衛星の意味・解説 

レーダー衛星

読み方:レーダーえいせい
英語:radar satelliteradarsat

地上情報収集する目的運用される「情報収集衛星」のうち、レーダー使用して情報収集を行う衛星

レーダー衛星は電磁波反射使用して測位を行う。このため曇天夜間でも計測が行えるという特徴がある。

情報収集衛星には、レーダー衛星の他に、光学センサーによって測位を行う「光学衛星」がある。光学衛星は昼の地上観測に適しており、レーダー衛星と併用して相互補完させて運用されることが多い。

2011年12月12日に、日本はレーダー衛星「レーダー3号機」の打ち上げ実施成功させた。2011年9月には光学衛星光学4号機」が打ち上げられている。これらの衛星災害時や安全保障上の情報収集目的として運用される。

なお、レーダー3号機打ち上げ成功により、打ち上げ使用した「H-IIAロケット」は連続14回の打ち上げ成功達成打ち上げ総数20回・成功率95パーセントという「商用ロケット信頼性目安」をクリアしたという。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「レーダー衛星」の関連用語

レーダー衛星のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



レーダー衛星のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS