きょっこうとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 乗り物 > 宇宙船 > 日本の人工衛星 > きょっこうの意味・解説 

きょっ こう きよくくわう [0] 【旭光】

朝日の光。旭暉(きよつき)。 「 -をあびる」

きょっ こう きよく- [0] 【曲肱

〔「肱」は,ひじ〕
ひじを曲げること。特に,ひじを曲げて代わりにし,横になること。

きょっ こう きよくくわう [0] 【極光】


【旭光】(きょっこう)

1950年代航空自衛隊創設当時主力戦闘機として導入されたF-86F「セイバー」の非公式愛称

当時防衛庁により命名されたものであるが、実際にはこの名で呼ばれることはほとんどなく、現場隊員ファンからは「ハチロク」と呼ばれることが多かった。

なお、同じF-86でも迎撃戦闘機として導入されたD型には「月光」という別の愛称があった。

関連栄光 月光


きょっこう

分類:人工衛星


名称:第5号科学衛星「きょっこう」/Exospheric Satellite-A(EXOS-A)
小分類:科学衛星
開発機関会社:宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
運用機関会社:宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げ年月日:1978年2月4日
打ち上げ国名機関:日本/宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げロケット:M-3H
打ち上げ場所:鹿児島宇宙空間観測所(KSC)
国際標識番号:1978014A

きょっこうは、プラズマ密度温度組成電子エネルギー分布地球コロナ分布などの観測オーロラ紫外線撮像目的開発されました。
きょっこうは、世界初めオーロラ紫外線像の撮影成功しました。この写真によって、オーロラの上空にはプラズマ乱れがあり、そこから強い電磁波放射されていることが発見されました。
太陽風(太陽から吹き出す高速プラズマ流)と地球大気影響いろいろな物理現象起こす磁気圏(地球周囲半径約6から7km範囲)の観測なかでもオーロラ観測主目的とした磁気圏衛星です。

1.どんな形をして、どんな性能持っているの?

きょっこうの軌道図
きょっこうの軌道

円筒型の形をしており、重量は126kgです。

2.どんな目的使用されるの?
太陽風(太陽から吹き出す高速プラズマ流)と、地球大気影響いろいろな物理現象起こす磁気圏(地球周囲半径約6から7km範囲)の観測なかでもオーロラ観測主目的としています。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
きょっこうは、世界初めオーロラ紫外線像の撮影成功しました。この写真によって、オーロラの上空にはプラズマ乱れがあり、そこから強い電磁波放射されていることが発見されました。

4.このほかに、同じシリーズでどんな機種があるの?
同じ磁気圏観測衛星としては、じきけんおおぞらあけぼのあります

5.どのように地球を回るの?
高度3970kmから630km、傾斜65度の楕円軌道です。


きょっこう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/02 17:15 UTC 版)

きょっこう (第5号科学衛星EXOS-A) は東京大学宇宙航空研究所(後の宇宙科学研究所)が開発したオーロラ観測衛星である。名前はオーロラを意味する「極光」に由来する。






「きょっこう」の続きの解説一覧

きょっこう

出典:『Wiktionary』 (2010/08/22 15:00 UTC 版)

同音異義語

きょっこう




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「きょっこう」の関連用語

きょっこうのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



きょっこうのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
JAXAJAXA
Copyright 2019 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのきょっこう (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのきょっこう (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS