SDS-4とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > SDS-4の意味・解説 

SDS-4

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/02 18:05 UTC 版)

SDS-4英語: Small Demonstration Satellite - 4)は宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発した小型実証衛星であり、2012年5月18日にしずくの相乗りペイロードとして打上げられた。打ち上げ機会が確保しやすい50kg級三軸制御衛星バス技術の確立と先進技術実証を目的としている。




  1. ^ a b c T.Ohtani, Y.Nakamura, Y.Takahashi, K.Inoue, K.Hirako (2011年4月6日). “JAXA SDS-4 Spacecraft System Design and Test Results (PDF)”. 8th IAA Symposium on Small Satellites for Earth Observation. 2011年6月8日閲覧。
  2. ^ a b c d 平成23年度打上げのH-ⅡAロケットに相乗りする小型副衛星の選定結果について (PDF)”. JAXA (2010年10月6日). 2011年6月8日閲覧。


「SDS-4」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「SDS-4」の関連用語

SDS-4のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



SDS-4のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのSDS-4 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS