SPICAとは?

スピカ [2] 【Spica】

乙女座アルファ星。白色の1.0等星。距離260光年春の宵,南の空に見える。中国名は角。

SPICA

行政入力情報

団体名称 SPICA
所轄 広島県
主たる事務所所在地 広島市安芸区瀬野町2759-149
従たる事務所所在地 神奈川県横浜市緑区長津田二丁目3324号シャトーワシン301
代表者氏名 山下 育美
法人設立認証年月日 2012/03/16 
定款記載された目的
この法人は、動物愛護精神則り我が国における動物の置かれた不適切状況改善し、また国民に対して広く啓蒙教育活動を展開する。また広報活動一環として芸術文化活動企画運営する。動物保護積極的に取り組み動物保護飼養を行う個人・または団体支援していく。動物生命尊重し、人間と動物あるべき関係の将来的ヴィジョン構築し、新し社会規範社会制度確立目指すとともに日本固有の動物観・自然観復活普及を図る。 
活動分野
保健・医療・福祉     社会教育     まちづくり    
観光     農山漁村中山間地域     学術文化芸術スポーツ    
環境保全     災害救援     地域安全    
人権・平和     国際協力     男女共同参画社会    
子どもの健全育成     情報化社会     科学技術振興    
経済活動活性化     職業能力雇用機会     消費者保護    
連絡助言援助     条例指定    
認定
認定・仮認定
認定   認定   旧制度国税庁)による認定   認定更新中  
PST基準
相対値基準     絶対値基準     条例指定()    
認定開始日:       認定満了日:       認定取消日:   
認定年月日:    認定満了日:    認定取消日:   
閲覧書類
監督情報
解散情報
解散年月日  
解散理由  

SPICA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/16 15:37 UTC 版)

SPICA (スピカ、Space Infrared Telescope for Cosmology and Astrophysics) は、2027〜28年にかけての打上げ実現を目指して検討されている日本と欧州で共同開発を行う次世代赤外線天文衛星である[1][2]。打上げはH3ロケットを使うことが計画されている[3]

概説

2005年(平成17年)度に、宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所・宇宙理学委員会に提案が行われた、次世代の赤外線天体観測衛星計画。計画開始当初はHII/L2ミッションという名前であった。これは「H-IIロケットによって第2ラグランジュ点(L2)に打ち上げられる」ということから名づけられたものである。のちに改称して、現在のSPICAとなった。

宇宙望遠鏡計画には巨額の費用がかかり技術的な困難も多いため、計画がスタートしてから実現するまでには長い年月がかかる例が多い。例えばハッブル宇宙望遠鏡やその後継機にあたるジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡は20年以上の歳月をかけている。また、ヨーロッパ宇宙機関が打ち上げたハーシェル宇宙望遠鏡も20年以上の時間がかかっている。

宇宙からの赤外線観測としては、これまでにIRTSIRASあかりによる全天観測、赤外線宇宙天文台(ISO)、スピッツァー宇宙望遠鏡ハーシェル宇宙望遠鏡による個別領域の精密観測が行われている。また、近い将来実現が予定されているものとしてジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡がある。SPICAはこれらの宇宙望遠鏡とは異なり望遠鏡本体を冷却するため、とくに中間〜遠赤外線領域において高感度の観測が可能であり、他の宇宙望遠鏡と相補的な役割を担うことができる。

2014年11月から12月にかけて設計の見直しを実施し、望遠鏡の口径が3.2mから2.5mに変更された[4]

目的

名前の通り、宇宙論天体物理学の進展が大きな目的である。具体的な研究分野としては、

  • 銀河の誕生と進化
  • と惑星系の誕生と進化
  • 物質の進化

の3点が挙げられている。宇宙にある天体からの放射は電磁波の広い波長領域にわたっているが、原始銀河など宇宙初期に誕生したばかりの天体からの放射は、赤方偏移によって赤外線〜サブミリ波領域に偏って観測される。SPICAが観測する中間〜遠赤外線領域はこのような放射をとらえるのに最適である。

今後

国立天文台で進めている超軽量鏡や精密分光観測装置の基礎研究を継続。宇宙航空研究開発機構では人工衛星への機器類のパッケージングや装置類の小型化、宇宙空間における運用計画の立案、打ち上げミッション、最終技術調整、予算獲得などの調整及び準備が残っている。最終的には、技術仕様の確定、搭載装置の確定、打ち上げスケジュール、運用体制等が確定した後、宇宙航空研究開発機構理事会の承認を経て、文部科学省及び宇宙開発委員会の承認によって、確定することになっている。

なお、本宇宙望遠鏡の実現は、打ち上げミッションなどとの調整により、最短でも2025年以降になる予定。

新たな技術

JEM/SMILES(愛称「きぼう」/宇宙空間暴露モジュール)に搭載した機械式冷凍機を用いる。これまでの赤外線衛星では、液体ヘリウムを用いるため、運用期間が1年程度という短いという弱点があった。それを克服するために、宇宙空間の温度の低さを利用した、放射冷却と機械式冷却技術を用いることで、8Kという低温を確保する技術。受信機だけでなく望遠鏡本体も冷却することによって、近赤外線から遠赤外線までを正確に捉えることを目的としている[1]

口径2.5mという大口径望遠鏡を、JEM/SMILES (超伝導サブミリ波リム放射サウンダ) に搭載したものと同様の機械式冷凍機により絶対温度8Kという極低温にまで冷却し、高感度の赤外線天体観測を可能にすることを目標にして、基礎研究が進められている[1]

太陽-地球系のラグランジュ点(L2)に衛星を同期させることによって、長期間の安定した観測を可能にする。また、この位置ならば障害物などが少ないため、観測時間も十分に確保できるなどのメリットがある。

L2とはいえども、地球からの距離にして150万キロメートルを超える。深宇宙ミッションとなるため、臼田宇宙空間観測所にあるように、24時間のダウンリンク・アップリンクが求められており、国際協力体制で進めることで準備を行っている。

国際協力

SPICAにおいてはアメリカ合衆国、ヨーロッパ諸国、および韓国との国際協力体制が取られている。一国で賄うには多大な費用がかかることと各国のこれまでの技術的な蓄積を有効に活用するためである。

アメリカ合衆国のBLSS (Background Limited SpectroScopy) チームは、アメリカ航空宇宙局ジェット推進研究所と複数の大学からなり、遠赤外線からサブミリ波領域に感度を持つ分光器の搭載を検討している。ヨーロッパのSPICAコンソーシアムは、日欧協力のもと望遠鏡本体と撮像分光装置を開発することが検討されている。韓国天文宇宙科学研究院とはあかりにおける協力をさらに発展させ、観測装置の開発が検討されている。

ヨーロッパ宇宙機関2009年に打ち上げたハーシェル宇宙望遠鏡の後を担う宇宙望遠鏡として期待されており、調査及び技術開発を継続している。なお、本ミッションは、宇宙航空研究開発機構を中心に行われているプロジェクトである。

脚注

  1. ^ a b c SPICA 一般向け情報”. 宇宙科学研究所. 2015年7月27日閲覧。
  2. ^ 宇宙基本計画”. 内閣府. pp. 20-21 (2015年1月9日). 2015年7月24日閲覧。
  3. ^ “第15回宇宙科学・探査部会 議事録”. 宇宙政策委員会. (2014年8月27日). http://www8.cao.go.jp/space/comittee/kagaku-dai15/gijiroku.pdf 2014年12月7日閲覧。 
  4. ^ “SPICAの新デザイン”. 宇宙科学研究所. (2015年6月). http://www.ir.isas.jaxa.jp/SPICA/SPICA_HP/SPICA_hot.html#pageLink01-008 2015年8月10日閲覧。 

関連項目

研究分野

研究機関

国際共同研究機関

技術開発協力企業

  • NEC東芝スペースシステム(株)
  • 住友重機(株)
  • 三菱電機(株)
  • NEC 航空宇宙システム(株)

これまでの赤外線天文衛星

外部リンク


スピカ

(SPICA から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/14 07:57 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
スピカ[1]
Spica[2][3]
仮符号・別名 おとめ座α星[4]
星座 おとめ座
視等級 (V) 0.97[4]
変光星型 ELL+BCEP[5]
位置
元期:J2000.0[4]
赤経 (RA, α) 13h 25m 11.57937s[4]
赤緯 (Dec, δ) -11° 09′ 40.7501″[4]
赤方偏移 0.000003[4]
視線速度 (Rv) 1.0km/s[4]
固有運動 (μ) 赤経: -42.35 ミリ秒/年[4]
赤緯: -30.67 ミリ秒/年[4]
年周視差 (π) 13.06 ± 0.70ミリ秒[4]
(誤差5.4%)
距離 250 ± 10 光年[注 1]
(77 ± 4 パーセク[注 1]
絶対等級 (MV) -3.5[注 2]
Virgo constellation map.svg
Cercle rouge 100%.svg
スピカの位置
物理的性質
半径 7.8/4.0 R
質量 11/7 M
スペクトル分類 B1III-IV+[4]
光度 13,400/1,700 L
表面温度 22,400/18,500 K
色指数 (B-V) -0.23[6]
色指数 (U-B) -0.93[6]
色指数 (R-I) -0.24[6]
別名称
別名称
真珠星[1]
Azimech, 角宿一
Alaraph, Dana
おとめ座67番星[4]
BD -10 3672[4], FK5 498[4]
HD 116658[4], HIP 65474[4]
HR 5056[4], SAO 157923[4]
Template (ノート 解説) ■Project

スピカ[7](Spica, α Virginis: α Vir)は、おとめ座α星おとめ座で最も明るい恒星で全天21の1等星の1つ。春の夜に青白く輝く。

概要

スピカを見つける簡単な方法は、北斗七星の取っ手の部分からうしかい座アークトゥルスまでの長さを同じ分だけ伸ばした所にある。なお、この線を春の大曲線という[8]

共にB型のスペクトルを持つ0.98等と10.5等の恒星からなる連星系である[9][10]。主星はケフェウス座β型変光星で、0.17日の周期で0.015等変光している[9]。また、主星と伴星は0.12auしか離れていないため、互いの潮汐力によって形状が楕円体型に歪み、地球からの見かけの大きさが変わることで変光して見える楕円体状変光星となっている[9]。加えて、月による掩蔽の際の観測により、さらに3つの伴星があるものと考えられている[9]

スピカは秋分点の近くにある1等星であるため、しばしば歳差運動の観測に利用されてきた。古代ギリシャの天文学者ヒッパルコスはスピカの位置を観測することで初めて分点の歳差運動を発見した。テーベの神殿は紀元前3200年頃に建てられた時、スピカの方向を向いていた。時代を経るにつれてその歳差運動により、神殿の建設された頃の方位からスピカの方向が異なっていったのである。のちの時代の天文学者コペルニクスも、歳差運動の研究のために、手製の視差定規英語版でスピカを何度も観測している。

名称

固有名のスピカ[1] (Spica[2][3]) は、古代ローマ時代に付けられた名前で、もともとはギリシャ語名で穀物の「穂先」を意味する Σταχυς に由来する[2]。そのため「麦穂星」と訳した例もある[11]。原義は「尖ったもの」の意で、英語のスパイクSpike)と同根。とがった穂先のことを、日本語では「」という。2016年6月30日、国際天文学連合の恒星の固有名に関するワーキンググループは、Spica をおとめ座α星 Aa の固有名として正式に承認した[3]

中国では「角」と呼ばれている。これは青龍のツノであり、付近の領域は二十八宿の起点となる角宿と呼ばれる。

「真珠星」について

日本では「真珠星[1]」という名前が知られているが、これは以下の経緯による。

スピカには元々広く知られた和名はなく、野尻抱影は40年以上この星の和名を探したものの、わずかに福井県日高郡で「しんじぼし」と呼ばれる星をスピカと推定し、その語源を「真珠」と類推したに留まった[1]。その後太平洋戦争末期、海軍航空隊から常用恒星の日本語の名前を付けるように依頼された際に「真珠星」の名をスピカに当てた[12]。戦後も野尻がこの呼び名を使い続けたことにより、「日本では「真珠星」」という認識が広まった[1]

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算、光年は1÷年周視差(秒)×3.2615638より計算
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。小数第1位まで表記

出典

  1. ^ a b c d e f 原恵 『星座の神話 - 星座史と星名の意味』 恒星社厚生閣、2007年2月28日、新装改訂版第4刷、120-121頁。ISBN 978-4-7699-0825-8
  2. ^ a b c Paul Kunitzsch; Tim Smart (2006). A Dictionary of Modern star Names: A Short Guide to 254 Star Names and Their Derivations. Sky Pub. Corp.. pp. 59-60. ISBN 978-1-931559-44-7. 
  3. ^ a b c IAU Catalog of Star Names”. 国際天文学連合. 2016年12月8日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r SIMBAD Astronomical Database”. Results for V* alf Vir. 2016年12月8日閲覧。
  5. ^ GCVS”. Results for alf Vir. 2015年10月26日閲覧。
  6. ^ a b c 輝星星表第5版
  7. ^ おもな恒星の名前”. こよみ用語解説. 国立天文台. 2018年11月14日閲覧。
  8. ^ 原恵 2007, p. 67.
  9. ^ a b c d Jim Kaler (2009年7月3日). “Spica”. Stars. 2016年12月8日閲覧。
  10. ^ The Washington Visual Double Star Catalog (Mason+ 2001-2014)”. VizieR. ストラスブール天文データセンター. 2016年12月8日閲覧。
  11. ^ 渡辺一夫パンタグリュエル物語
  12. ^ 野尻抱影 『日本星名辞典』 東京堂出版1973年、29-30頁。ISBN 978-4490100785

参考文献

関連項目


SPiCa

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/10 08:02 UTC 版)

SPiCa
とくP楽曲
リリース 2009年8月
時間 3分39秒
作詞者 kentax vs とくP
作曲者 とくP
その他収録アルバム
  • 『SPiCa』(2009年)
  • 『SPiCa ReACT』(2010年)
  • 『ONE』(2010年)
  • 『Arrow of Love』(2011年)
  • UTAU
SPiCa
とくP feat. 初音ミクスタジオ・アルバム
リリース
録音 2009年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
レーベル KarenT
とくP feat. 初音ミク 年表
SPiCa』
(2009年)
『SPiCa ReACT』
(2012年)
テンプレートを表示

SPiCa』(スピカ)は、とくPによって発表された楽曲。とくP初の完全オリジナル楽曲であり、楽曲のボーカルに歌声合成技術VOCALOIDを使ったソフトウェア「初音ミク」を用いている。

収録作品

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
2009年8月12日 SPiCa - Single (配信限定) SPiCa
SPiCa (Vocal Off)
2010年01月20日 EXIT TUNES PRESENTS Vocalolegend feat.初音ミク QWCE-00148 SPiCa EXIT TUNES
2010年03月17日 EXIT TUNES PRESENTS 神曲を歌ってみた 2 QWCE-00157 SPiCa / とくP feat.ノワール EXIT TUNES
2010年04月07日 EXIT TUNES PRESENTS SUPER PRODUCERS BEAT MIXED BY Ryu☆ WCE-00156 SPiCa 〔MK Remix〕 EXIT TUNES
2010年09月01日 ミクの日感謝祭 39's Giving DayProject DIVA presents
初音ミク・ソロコンサート ~こんばんは、初音ミクです。~
VGCD-0200
VGDV-0006
VGDV-60001
SPiCa 5pb.
2010年12月31日 GARNiDELiA『One』 (配信限定) SPiCa (HPT ReACT)
SPiCa (HPT ReACT CT Remix)
2011年03月09日 うさ『LINK / RING』 AVCD-38194 SPiCa avex trax
2011年06月01日 SUPER VOCALO BEAT DGBA-10009 SPiCa / MARiA BinaryMixx Records
2011年10月05日 VOCALO★TRANCE BEST AVCD-38312 SPiCa avex trax
2011年11月09日 初音ミク -Project DIVA- extend Complete Collection MHCL-1988 SPiCa -39's Giving Day Edition- Sony Music Direct
2012年01月18日 VOCALO SMILE feat.初音ミク FLLM-007 SPiCa FULL MOON
2012年08月01日 初音ミク 5thバースデー ベスト〜memories〜 MHCL-2108 SPiCa Sony Music Direct
2012年09月26日 ボカロ超ミックス39 feat.初音ミク-Hatsune Miku TOCT-29062 SPiCa UNIVERSAL MUSIC
2013年5月10日 Mikunopolis in Los Angeles
"Happy to Meet You ! I'm Hatsune Miku" (Live)
(配信限定) SPiCa
2013年09月25日 BALLOOM BEST DGLA-10017 SPiCa BALLOOM
2014年03月12日 踊ボカ!! 踊ってみたセレクション YCCV-10022B
YCCV-10023
SPiCa VOCALOID RECORDS
2015年08月26日 GARNiDELiA『BiRTHiA』 SECL-1752
SECL-1754
SPiCa -ReACT- Sony Music

関連項目




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「SPICA」の関連用語

SPICAのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



SPICAのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
内閣府NPOホームページ内閣府NPOホームページ
Copyright (c)2019 the Cabinet Office All Rights Reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのSPICA (改訂履歴)、スピカ (改訂履歴)、SPiCa (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS