ひさきとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > JMnedict > ひさきの意味・解説 

尋木

読み方
尋木ひさき

日崎

読み方
日崎ひさき

読み方
ひさき

久木

読み方
久木ひさき

ひさき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/21 10:13 UTC 版)

ひさき、計画名SPRINT-A英語: Small scientific satellite Platform for Rapid Investigation and Test - A)、別名EXCEED、旧称TOPS英語: Telescope Observatory for Planets on Small-satellite)は、東京大学東北大学が中心になって計画した惑星観測専用の宇宙望遠鏡で、宇宙航空研究開発機構 (JAXA) が開発したイプシロンロケットで打ち上げる小型科学衛星 (SPRINT) シリーズの1号機。太陽系内の惑星観測専用の人工衛星としては世界初となる。




  1. ^ a b “イプシロンロケット試験機による惑星分光観測衛星(SPRINT-A)の打上げ結果について” (プレスリリース), 宇宙航空研究開発機構, (2013年9月14日), http://www.jaxa.jp/press/2013/09/20130914_epsilon_j.html 2017年6月30日閲覧。 
  2. ^ “イプシロンロケット試験機による惑星分光観測衛星(SPRINT-A)の打上げについて” (プレスリリース), 宇宙航空研究開発機構, (2013年5月21日), http://www.jaxa.jp/press/2013/05/20130521_epsilon_j.html 2017年6月30日閲覧。 
  3. ^ “イプシロンロケット試験機による惑星分光観測衛星(SPRINT-A)の打上げ延期および打上げ予定時間帯の変更について” (プレスリリース), 宇宙航空研究開発機構, (2013年8月8日), http://www.jaxa.jp/press/2013/08/20130808_epsilon_j.html 2017年6月30日閲覧。 
  4. ^ “イプシロンロケット試験機による惑星分光観測衛星(SPRIN-A)の打上げ中止について” (プレスリリース), 宇宙航空研究開発機構, (2013年8月27日), http://www.jaxa.jp/press/2013/08/20130827_epsilon_j.html 2017年6月30日閲覧。 
  5. ^ “イプシロンロケット試験機による惑星分光観測衛星(SPRINT-A)の打上げ日時について” (プレスリリース), 宇宙航空研究開発機構, (2013年9月12日), http://www.jaxa.jp/press/2013/09/20130912_epsilon_j.html 2017年6月30日閲覧。 
  6. ^ “惑星分光観測衛星(SPRINT-A)の太陽電池パドル展開および衛星の愛称について” (プレスリリース), 宇宙航空研究開発機構, (2013年9月14日), http://www.jaxa.jp/press/2013/09/20130914_hisaki_j.html 2013年9月14日閲覧。 
  7. ^ “惑星分光観測衛星「ひさき」(SPRINT-A)の初観測データの取得及び定常観測運用開始について” (プレスリリース), 宇宙航空研究開発機構, (2013年11月26日), http://www.jaxa.jp/press/2013/11/20131126_hisaki_j.html 2014年1月12日閲覧。 
  8. ^ “小さな衛星の大きな挑戦 惑星分光観測衛星の世界 第3回:NESSIE宇宙の旅”. ISAS. (2013年6月). http://www.isas.jaxa.jp/j/column/sprint-a/03.shtml 2013年8月28日閲覧。 
  9. ^ 惑星分光観測衛星「ひさき」搭載の次世代電源系要素技術実証システム(NESSIE)の状況について”. ISAS (2013年12月20日). 2014年1月12日閲覧。


「ひさき」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ひさき」の関連用語

ひさきのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ひさきのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのひさき (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS