SERVIS-2とは?

SERVIS-2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/02/16 19:22 UTC 版)

SERVIS-2(Space Environment Reliability Verification Integrated System 2、実証衛星2号機)は2010年6月2日に打ち上げられた日本人工衛星三菱電機が組み立てを行い、無人宇宙実験システム研究開発機構(USEF)によって運用された[1]2011年6月3日に衛星の電波を停波して運用を終了した。




  1. ^ Krebs, Gunter. “SERVIS 1, 2”. Gunter's Space Page. 2010年6月1日閲覧。
  2. ^ SERVIS-2, News Release”. 経済産業省 (2007年2月15日). 2010年6月3日閲覧。
  3. ^ 26 April 2010”. Eurockot Launch Services (2010年4月26日). 2010年6月1日閲覧。
  4. ^ L-11 / 22 May 2010”. Eurockot Launch Services (2010年5月22日). 2010年6月1日閲覧。
  5. ^ L-10 / 23 May 2010”. Eurockot Launch Services (2010年5月23日). 2010年6月1日閲覧。
  6. ^ L-9 / 24 May 2010”. Eurockot Launch Services (2010年5月24日). 2010年6月1日閲覧。
  7. ^ Project SERVIS”. USEF. 2010年6月1日閲覧。
  8. ^ 実証衛星2号機(SERVIS-2)打上げについて”. 独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構,財団法人無人宇宙実験システム研究開発機構 (2010年6月2日). 2010年6月3日閲覧。


「SERVIS-2」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「SERVIS-2」の関連用語

SERVIS-2のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



SERVIS-2のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのSERVIS-2 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS