ASTRO-Hとは?

アストロH

別名:ひとみ、NeXT
英語:ASTRO-H

2016年2月に、種子島宇宙センターからH-IIAロケット30機によって打ち上げられたX線天文衛星の名称。宇宙航空研究開発機構JAXA)の科学衛星1つアストロは、英語で「星の」、「天体の」の意味。

アストロHは、全長14メートル重量2.7トン機体で、軟X線望遠鏡や硬X線望遠鏡、軟ガンマ線検出器などを搭載している。上空575キロメートルの高さを保ち、およそ96分で地球を1周する。ブラックホール超新星爆発などを観測して宇宙構造進化などを探ることを目的としている。

アストロHは、開発当初は「NeXT」という名称だったが、その後アストロHに改名され、打ち上げ後に「ひとみ」という正式名称になった。

関連サイト
X線天文衛星「ひとみ」 - JAXA
ASTRO-H - JAXA


ひとみ (人工衛星)

(ASTRO-H から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/10 05:14 UTC 版)

ひとみ[1] (第26号科学衛星 ASTRO-H) は、2016年2月17日に打上げられた日本X線天文衛星[7]宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所 (JAXA/ISAS) が中心となり、日本国内の諸大学、アメリカ合衆国およびヨーロッパ諸国との国際協力によって計画が推進されていた[8]が、不具合により短期間で運用を終了した[5]




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ なお、既に東京大学中須賀・船瀬研究室が運用中の小型衛星PRISMの愛称も「ひとみ」であるが、命名にあたりこの名称を用いることについて中須賀研究室の了承を得ている[1]
  2. ^ 衛星の太陽電池パドル等の展開、姿勢制御機能、冷却システム立上げ完了、EOB伸展及び衛星を追跡管制する地上系設備の機能の確認など、衛星の一連の健全性を確立するまでの期間。

参照

  1. ^ a b c d e “X線天文衛星(ASTRO-H)の太陽電池パドル展開及び衛星の名称について” (プレスリリース), 宇宙航空研究開発機構, (2016年2月17日), http://www.jaxa.jp/press/2016/02/20160217_hitomi_j.html 2016年2月17日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g h “平成27年度 ロケット打上げ計画書 X線天文衛星(ASTRO-H)/小型副衛星/ H-ⅡAロケット30号機(H-ⅡA・F30)” (プレスリリース), 宇宙航空研究開発機構, (2015年12月11日), http://www.jaxa.jp/press/2015/12/files/20151211_h2af30.pdf 2015年12月30日閲覧。 
  3. ^ a b ASTRO-Hの概要”. 宇宙科学研究所. 2015年7月24日閲覧。
  4. ^ a b “H-IIAロケット30号機によるX線天文衛星(ASTRO-H)の打上げ結果について” (プレスリリース), 宇宙航空研究開発機構, (2016年2月17日), http://www.jaxa.jp/press/2016/02/20160217_h2af30_j.html 2016年2月17日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s X線天文衛星ASTRO-H「ひとみ」異常事象調査報告書A改訂等について”. 宇宙航空研究開発機構 (2016年5月31日). 2016年6月7日閲覧。
  6. ^ a b c d “X線天文衛星「ひとみ」(ASTRO-H)の軌道計算結果について” (プレスリリース), 宇宙航空研究開発機構, (2016年2月18日), http://www.jaxa.jp/press/2016/02/20160218_hitomi_j.html 2016年2月20日閲覧。 
  7. ^ X線天文衛星「ひとみ」(ASTRO-H)”. JAXA. 2018年2月10日閲覧。
  8. ^ 開発体制と参加機関”. 宇宙科学研究所. 2015年7月24日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h i j 高橋忠幸; 満田和久; Rich Kelley; ASTRO-Hプロジェクトチーム (2012-01-06) (PDF). 次期宇宙X線天文衛星ASTRO-H (Report). 宇宙科学研究所. http://www.astro.isas.jaxa.jp/~takahasi/DownLoad/ASTROH_ISAS_SpaceSciSympo_120106.pdf 2015年2月17日閲覧。. 
  10. ^ X線天文衛星「ひとみ」、通信途切れる JAXA発表、原因は不明 産経ニュース 2016-03-27
  11. ^ “H-IIAロケット30号機によるX線天文衛星(ASTRO-H)の打上げについて” (プレスリリース), 宇宙航空研究開発機構, (2015年12月11日), http://www.jaxa.jp/press/2015/12/20151211_h2af30_j.html 2015年12月18日閲覧。 
  12. ^ “H-IIAロケット30号機によるX線天文衛星(ASTRO-H)の打上げ時刻及び打上げ時間帯について” (プレスリリース), 宇宙航空研究開発機構, (2016年2月10日), http://www.jaxa.jp/press/2016/02/20160210_h2af30_j.html 2016年2月10日閲覧。 
  13. ^ “H-IIAロケット30号機によるX線天文衛星(ASTRO-H)の打上げ延期について” (プレスリリース), 宇宙航空研究開発機構, (2016年2月11日), http://www.jaxa.jp/press/2016/02/20160211_h2af30_j.html 2016年2月13日閲覧。 
  14. ^ a b c “X線天文衛星「ひとみ」(ASTRO-H)のクリティカル運用期間の終了について” (プレスリリース), 宇宙航空研究開発機構, (2016年2月29日), http://www.jaxa.jp/press/2016/02/20160229_hitomi_j.html 2016年3月1日閲覧。 
  15. ^ ASTRO-Hが拓く新しい宇宙像”. 宇宙科学研究所. 2015年7月24日閲覧。
  16. ^ 「すざく」の10~100倍暗い天体が観測できる検出器 ここがスゴイ!ASTRO-H [その3]”. 宇宙航空研究開発機構 (2016年2月8日). 2016年2月21日閲覧。
  17. ^ “X線天文衛星ASTRO-Hのプロジェクト終了について” (プレスリリース), 宇宙航空研究開発機構, (2017年5月30日), http://www.jaxa.jp/press/2017/05/20170530_hitomi_j.html 2017年5月31日閲覧。 
  18. ^ “X線天文衛星ASTRO-H「ひとみ」の後継機の検討について” (PDF) (プレスリリース), 宇宙航空研究開発機構, (2016年7月14日), http://www.jaxa.jp/press/2016/07/files/20160714_hitomi_01_j.pdf 2016年7月14日閲覧。 


「ひとみ (人工衛星)」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ASTRO-H」の関連用語

ASTRO-Hのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

坂倉良子

グローブボックス

カプチーノ

越中和紙

823P

日野レンジャー

せひょう

豚足





ASTRO-Hのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2018 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのひとみ (人工衛星) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS