後方連絡線とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 後方連絡線の意味・解説 

後方連絡線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/23 15:50 UTC 版)

後方連絡線(こうほうれんらくせん、:Line of Communication, LOC)とは、主に前線の作戦地域と後方の根拠地の間において、作戦行動または兵站活動の用途に利用できる交通路を意味する[1]。単に連絡線、または背後連絡線(はいごれんらくせん)、作戦線(さくせんせん)、兵站線(へいたんせん)とも言う。


  1. ^ アントワーヌ=アンリ・ジョミニは連絡線を「作戦地域内部において各地の部隊の間を接続する全ての道路」を指す用語として使用しており、前線と後方を接続する交通路だけに限定しているわけではない。『戦争概論』83項
  2. ^ 戦争論』249項
  3. ^ 『戦争論』248項
  4. ^ 『戦争概論』66項
  5. ^ 日本財団図書館(電子図書館)にある『海洋略語辞典』では、SLOCs (Sea Lines of Communications) を「海上交通路」と訳している。
  6. ^ 『戦争論』249項
  7. ^ このような分析は兵站学よりも戦術学の領域に属する。詳細は作戦、または戦術の記事を参照されたい。


「後方連絡線」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「後方連絡線」の関連用語

後方連絡線のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



後方連絡線のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの後方連絡線 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS