後方散乱とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 物理学 > 散乱 > 後方散乱の意味・解説 

後方散乱 backscattering

放射粒子入射方向にたいして90度以上の角度散乱されること。

後方散乱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/18 02:10 UTC 版)

物理学において、後方散乱backscatter, backscattering) はや粒子もしくは信号の、来た方向にへの反射をいう。散乱に起因する拡散反射であり、鏡面反射とは異なる。天文学写真超音波検査の分野で応用上重要である。


  1. ^ The Truth Behind 'Orbs'”. 2016年11月14日閲覧。


「後方散乱」の続きの解説一覧



後方散乱と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「後方散乱」の関連用語

後方散乱のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



後方散乱のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本惑星協会日本惑星協会
All rights reserved. The Planetary Society of Japan 2019.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの後方散乱 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS