デビルマンレディーとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 漫画 > 漫画作品 > 漫画作品 て > デビルマンレディーの意味・解説 

デビルマンレディー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/22 16:39 UTC 版)

デビルマンレディー』(DEVILMAN LADY)は、『モーニング』に連載された永井豪による日本漫画。本作を原作として、同名のテレビアニメも作られた。




  1. ^ 単行本10巻128頁で彼女の超能力を目の当たりにした不動明は「人間のレベルを超えている!」と表現している。
  2. ^ ライオンとタイガーの力を兼ね備え、人間の頭脳とバッファローの角を持つデビルマン。
  3. ^ a b c d 講談社『デビルマンレディー アニメーションメモワール』内インタビューより。
  4. ^ 監督の平野俊貴は、講談社『デビルマンレディー アニメーションメモワール』内解説において、「ホラーとしての結末」と表現している。
  5. ^ アスカ役を演じた嶋村薫も、講談社『デビルマンレディー アニメーションメモワール』内インタビューにおいて、同役への強い思い入れと、続編を熱望している旨を語っている。しかし嶋村が病に倒れ、2013年に若くしてこの世を去ったため、嶋村によるアスカの復活が実現することは無かった。
  6. ^ ビーストになったシーンが描かれたのはほんの一瞬であり、どのようなビーストだったのかは不明だが、そのシルエットから、ジュンのものに似た翼を持っていることが窺える。なお、和美を演じた村井かずさはインタビュー内で「ラッコのビースト」を希望していた。
  7. ^ インフェルノでの和美の姿は描かれず、ジュンにも見ないように頼んでいた。
  8. ^ a b c d e f g h i 講談社『デビルマンレディー アニメーションメモワール』内解説より。
  9. ^ 講談社『デビルマンレディー アニメーションメモワール』内の平野監督による解説によると『お相手』であったとのこと。
  10. ^ 講談社『デビルマンレディー アニメーションメモワール』内解説より
  11. ^ 講談社『デビルマンレディー アニメーションメモワール』内の平野監督による解説より
  12. ^ ビデオ>デビルマンレディー”. AnimeFan News. 2010年9月30日閲覧。
  13. ^ (有)フェイス『デビルマンレディー ハイビジュアルカードコレクション』BOX封入非売品特典「スペシャルピクチャーCD 型番: FACE-001」に収録。
  14. ^ 「刹那の夢」が予想以上に好評だったため、急遽同曲に歌詞と曲を足して再編集、再録音した楽曲で、「刹那の夢」の“完全版”的作品。


「デビルマンレディー」の続きの解説一覧



固有名詞の分類

漫画作品 て 電脳ボーイ  天にひびき  デビルマンレディー  出逢いが足りない私たち  てるてる恋予報
漫画の登場人物 御神苗優  不動ジュン  デビルマンレディー  玉藻京介  坂本秋良
アニメの登場人物 不動ジュン  怪傑ゾロ  デビルマンレディー  玉藻京介  ナイトクローラー
アニメ作品 て D-1 DEVASTATOR  D・N・A² 〜何処かで失くしたあいつのアイツ〜  デビルマンレディー  デジモンアドベンチャー02  デジモンテイマーズ
1998年のテレビアニメ バブルガムクライシス TOKYO 2040  AIKa  デビルマンレディー  ももいろシスターズ  突撃!パッパラ隊
毎日放送の深夜アニメ ネットミラクルショッピング  コードギアス 反逆のルルーシュ  デビルマンレディー  成恵の世界  戦国BASARA
地方局制作・先行放映のUHFアニメ ネットミラクルショッピング  チビナックス  デビルマンレディー  CODE-E  テイルズ オブ ジ アビス

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「デビルマンレディー」の関連用語

デビルマンレディーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



デビルマンレディーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのデビルマンレディー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS