実は私はとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 実は私はの意味・解説 

実は私は

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/28 17:58 UTC 版)

実は私は』(じつはわたしは、I am ...)は、増田英二による日本漫画作品。秋田書店の『週刊少年チャンピオン』で2013年9号から2017年12号[1]まで連載された。


  1. ^ 満月でなくても写真、絵など直視でなくても可。
  2. ^ 実は中学生だったことが最終巻で判明する。
  3. ^ 女性に興味がないか主導権を握りたいタイプ以外の9割の男性は篭絡され、女性は痴女化している。
  4. ^ 物語終盤では葉子たち以外にメデューサ天狗をはじめとする、数多くの人外が登場した。
  5. ^ 中でも渚の作ったお菓子が好物で、彼女に手作りお菓子をたびたび要求するようになった。
  6. ^ しかも「中年少女まじかる☆あかりん」なる魔法少女アニメを思わせる動画を茜が制作・配信し、修学旅行から戻ってきた明里は(別の意味で)小学生達の人気者になってしまい、「中年」など明里にとってムカつく言葉を浴びせられ、茜にその怒りを剥き出しにした。
  7. ^ 実は茜によって、天使の輪を生徒会室の蛍光灯として使われているものの、華恋本人はそれに気付いていない。
  8. ^ ただし茜の本音は学生相手なら給料を払わなくてもいいからである。
  9. ^ 華恋曰く、七不思議の一つである「調理室の幽霊」。
  10. ^ その際、白雪の正体を知った茜は驚愕していた。
  11. ^ ただし涼本人には、カモとしか見られていなかった。
  12. ^ 本人曰く、忍んでないから忍者だとバレないと思ったらしい。
  13. ^ 実はこの眼鏡はフクちゃんの先輩であるフク太郎(直接紹介はされていないが、鳩が咥えていたフク太郎が彼に装着されている描写がある)。
  14. ^ カチューシャも実際は頭部に生えている羽根を隠すためのカモフラージュである。
  15. ^ 高校時代は、人並みの体躯で爽やかな風貌だった。
  16. ^ アナログゲームではなく、TVゲームの類。作中ではモンスターハンターのようなものをプレイしている。
  17. ^ ひとつのジュースを2人で一緒に飲んだり、抱き締められたり、キスを迫られるなど。しかし、朝陽たちの修学旅行にこっそりついてきた際は遂に唇を奪われてしまった。
  18. ^ その後も懲りずに嶋田の前に現れてしまい、上述のように涼は人格崩壊、嶋田が連行、たきつけた人がいる場合はそのキャラが愕然としているというのがオチのパターンの1つとなっている。
  19. ^ 最初こそは愕然としていた嶋田だったが、「涼さんの中の小さいおっさんの中から更に小さい涼さんが出てくる」と現実逃避をしていた。
  20. ^ 21巻巻末のおまけにて、明里とすれ違った際に「私よりモテなさそうな女」と互いに認知し合っており、第192話ではお互い酒を肴に愚痴をこぼしあっている様子が描かれている。



「実は私は」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「実は私は」の関連用語

実は私はのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



実は私はのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの実は私は (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS