機動戦士ガンダムUC One of Seventy Twoとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > 機動戦士ガンダムUC One of Seventy Twoの意味・解説 

機動戦士ガンダムUC One of Seventy Two

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 07:28 UTC 版)

機動戦士ガンダムUC」の記事における「機動戦士ガンダムUC One of Seventy Two」の解説

ガンダムフロント東京内のドーム型映像施設「DOME-G」で2013年8月3日から上映された、3DCGによる映像作品同時に施設限定販売されたプラモデルHGUC ユニコーンガンダム3号機 フェネクス(デストロイモード)(Ver.GFT)』には、福井による準備稿および決定稿脚本収載した小冊子付属した宇宙世紀0095年12月3日連邦軍アナハイム社によるユニコーンガンダム同志比較評価試験おこなわれる連邦軍側は「UC計画」にビスト財団関わることを良しとしない地球連邦軍参謀指示独自に組み上げ3号機フェネクスを、アナハイム社はビスト財団のマーサ・ビスト・カーバインが作り上げた2号機バンシィを出撃させ、「リバウ」を筆頭とした「袖付き」のMS隊を相手実戦テスト開始撃墜スコア同点となり、残るリバウ苦戦するフェネクスに、参謀リミッター解除指示。デストロイモードに変身したフェネクスはバンシィへの危険も構わずリバウ攻撃、さらに母艦アイリッシュ戦艦ブリッジ破壊して飛び去る追補小説不死鳥狩り」は本作踏襲し、このときのフェネクスパイロットリタ・ベルナル母艦の名称が「エシャロット」、連邦軍参謀ラーソン中将であることが語られた。「不死鳥狩り」をベースにした劇場アニメ機動戦士ガンダムNT』で記録映像として一部アニメ化され、同コミカライズ版ではリバウ登場しないなど一部設定変更して全容漫画化された。 本作品を象徴するMSであるユニコーンガンダム3号機通称となる「フェネクス」とは「ソロモン72柱の悪魔」の一角を担う悪魔の名称で、同作品のサブタイトルの由来にもなっている[要出典]。 スタッフ 原作・脚本 - 福井晴敏 監督 - 河田成人

※この「機動戦士ガンダムUC One of Seventy Two」の解説は、「機動戦士ガンダムUC」の解説の一部です。
「機動戦士ガンダムUC One of Seventy Two」を含む「機動戦士ガンダムUC」の記事については、「機動戦士ガンダムUC」の概要を参照ください。


機動戦士ガンダムUC One of Seventy Two

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/24 03:44 UTC 版)

強化人間」の記事における「機動戦士ガンダムUC One of Seventy Two」の解説

U.C.0095 地球連邦軍アナハイム・エレクトロニクス社が、ネオ・ジオン残党軍ターゲットにして行った合同演習では、フェネクスパイロットとして強化人間リタ・ベルナル登場するリタNT能力素養見せた事から、過去にティターンズによって誘拐ニュータイプ研究所送られ、そこでマシーン繋が為に記憶消去し頭の一部空っぽにする処置を受けていた。

※この「機動戦士ガンダムUC One of Seventy Two」の解説は、「強化人間」の解説の一部です。
「機動戦士ガンダムUC One of Seventy Two」を含む「強化人間」の記事については、「強化人間」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「機動戦士ガンダムUC One of Seventy Two」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

機動戦士ガンダムUC One of Seventy Twoのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



機動戦士ガンダムUC One of Seventy Twoのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの機動戦士ガンダムUC (改訂履歴)、強化人間 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS