擬人化とは? わかりやすく解説

ぎじん‐か〔‐クワ〕【擬人化】

読み方:ぎじんか

[名](スル)人間でないものを人間見立てて表現すること。「動物を―した童話」


擬人化

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

擬人化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/11 20:25 UTC 版)

擬人化(ぎじんか、: Personification)とは、人間以外のものを人物として、人間の性質・特徴を与える比喩の方法である[1]


  1. ^ 例えば熊が女の子と話したりする。
  2. ^ Barrett, Devlin; Ted Bridis (2006-02-17). “U.S. Defends Sale of Ports Company to Arab Nation” (English). Los Angeles Times: A22. http://www.latimes.com/news/nationworld/nation/la-na-port17feb17,0,5032798.story?coll=la-headlines-nation 2006年7月28日閲覧。. 
  3. ^ Evers, Joris; Kieren McCarthy (2004年8月6日). “Microsoft embarrassed one final time over SP2” (English). Techworld.com. 2006年7月28日閲覧。


「擬人化」の続きの解説一覧

擬人化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 06:09 UTC 版)

神話」の記事における「擬人化」の解説

いくつかの考察によれば神話無生物や力の擬人化という説もある。それによれば古代崇拝は炎や空気などの自然現象向けられ徐々にこの信仰対象が神に変化したという。例えば、神話的思考論(en)によれば古代人何を見るにしても単なるではなく人格帯びているという見方を持っていたという。したがっ自然現象それぞれの神の所業であると考え、その思考神話形成繋がった主張している。

※この「擬人化」の解説は、「神話」の解説の一部です。
「擬人化」を含む「神話」の記事については、「神話」の概要を参照ください。


擬人化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/06 08:51 UTC 版)

腐女子」の記事における「擬人化」の解説

人間以外のものを人型キャラクターしたもの動物モンスターどの人キャラクター人型したもの主だが、中には電車建造物等無機物、国や都道府県といった歴史や概念の擬人化もある。

※この「擬人化」の解説は、「腐女子」の解説の一部です。
「擬人化」を含む「腐女子」の記事については、「腐女子」の概要を参照ください。


擬人化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 16:06 UTC 版)

グーフィー」の記事における「擬人化」の解説

先述の通り、擬人化がされて耳が省略された時期があったため、ディズニー作品では人を耳無しグーフィー表現することが多々あるまた、ミッキー・ドナルド・グーフィーの三銃士』(2004年)では、主要キャラクター以外は全てグーフィー似た人物表現されている。

※この「擬人化」の解説は、「グーフィー」の解説の一部です。
「擬人化」を含む「グーフィー」の記事については、「グーフィー」の概要を参照ください。


擬人化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/14 21:08 UTC 版)

FairlyLife」の記事における「擬人化」の解説

モノ擬人化するときはそのモノ製造年などに関係なく、晃範と同い年くらいの女の子LikeLifeFairlyLife共にモノが男に擬人化することは一切なく、必ずモノ女性である。このことはHOOK公式サイトFairlyLifeイントロにも記されている。体はあさがお未来のように普通の人間大きさ普通の人間と同じ機能を持つ場合と小冷やちりのように小さなマスコットタイプになる場合がある。なお、全てのモノ擬人化したモノ後もモノだった頃の機能を持っている。つまり、普通の人間機能モノ機能を持っている。ただし、モノだった頃の機能と必ずしも完全一致するとは限らないまた、モノに文字書かれていた場合擬人化した後も体のどこかにそのまま現れるなどの動物とも会話でき、擬人化していないモノともある程度会話が可能。歳は擬人化した後からとり始める(スタート主人公同い年くらい)。モノ同士でもそれぞれに個体差個性血液型パーソナリティがある。製造年月日関係なく誕生日がある。同じモノでも見た目それぞれ違う食事摂らなくても問題ないが、摂るともできる基本的にモノの時より長持ちし、人と同じくらい生きられるうになる。なお、モノ擬人化する理由LikeLifeでは有川あとり(正確に有川家の家系人間)の力が関係している事が判明するが、FairlyLifeでは特に理由明かされない。また、LikeLifeではルートによっては最終的に擬人化が収束し元のモノ戻ったが、FairlyLifeでは特にそのような事は起こらなかった。

※この「擬人化」の解説は、「FairlyLife」の解説の一部です。
「擬人化」を含む「FairlyLife」の記事については、「FairlyLife」の概要を参照ください。


擬人化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/08 06:45 UTC 版)

マモン」の記事における「擬人化」の解説

19なんぢら己(おの)がために財寶(たから)を地(ち)に積(つ)むな、ここは蟲(むし)と錆(さび)とが損(そこな)ひ、盗人ぬすびと)うがちて盗(ぬす)むなり。20なんぢら己(おの)がために財寶(たから)を天(てん)に積(つ)め、かしこは蟲(むし)と錆(さび)とが損(そこな)はず、盗人ぬすびと)うがちて盗(ぬす)まぬなり。21なんぢの財寶(たから)のある所(ところ)には、なんぢの心(こころ)もあるべし。……24人(ひと)は二人(ふたり)の主(しゆ)に兼(か)ね事(つか)ふること能(あた)はず、或(あるい)はこれを憎(にく)み彼(かれ)を愛(あい)し、或(あるい)はこれに親(した)しみ彼(かれ)を輕(かろ)しむべければなり。汝(なんぢ)ら神(かみ)と富(とみ)とに兼(か)ね事(つか)ふること能(あた)はず。」 - マタイ傳福音書 6:19-21, 24文語訳新約聖書マモンの語は新約聖書ルカ16:13マタイ6:24共通して現れる一文の中で使われており、ルカ16:9ルカ16:11にも出てくるが、これらは富の意であると解されるのみならず、富を主なる神と対比することによって擬人化しているとも捉えられる解釈上の問題であり、福音書作者らの意図明らかでない)。 〈マモン〉への早期言及は、福音書における擬人化的解釈端を発しているようである例えば、『使徒戒規英語版)』では "Do solo Mammona cogitant, quorum Deus est sacculus"、ヒッポのアウグスティヌスは、"Lucrum Punice Mammon dicitur" (de serm. Dom. in monte, ii) と。ニュッサのグレゴリウスも、〈マモン〉はベルゼブブの別名であると断じた。 中世において、〈マモン〉は一般に富の悪霊として擬人化された。ゆえにペトルス・ロンバルドゥス (II, dist. 6) はこう述べた。「富は悪霊の名で呼ばれる。すなわち〈マモン〉である。というのもマモン〉は悪霊の名であり、シリア語に従って富がその名を以て呼ばれるのである。」 ピアズ・プローマン(英語版)も〈マモン〉を神格とみなしている。リュラニコラス英語版)は(ルカによる福音書一節解説して) "Mammon est nomen daemonis" (〈マモン〉ハ悪霊ノ名ナリ)と述べた。 アルバート・バーンズ(英語版)は「新約聖書への注解の中で、〈マモン〉は、ギリシア人の神プルートス似た、富の神として崇拝され偶像神を指すシリア語だと述べているが、その典拠示さなかった。 しかし、そのような名のシリア神の存在跡付けることはできず、マモンの名を邪神とするありふれた文学的同定は、おそらくはエドマンド・スペンサーの『妖精の女王』に端を発している。同書では〈マモン〉は富の洞窟監視役として登場するのであるジョン・ミルトンの『失楽園』は、地上的富に至上の価値を置く一人堕天使描いている。コラン・ド・プランシーは『地獄の辞典』の「地獄宮廷」の記事の中で、〈マモン〉を地獄駐英大使とした。トーマス・カーライル著書過去と現在においては「マモニズムの福音」は近代物質主義精神の比喩的擬人化にすぎないものとなった

※この「擬人化」の解説は、「マモン」の解説の一部です。
「擬人化」を含む「マモン」の記事については、「マモン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「擬人化」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

擬人化

出典:『Wiktionary』 (2021/08/19 13:05 UTC 版)

名詞

擬人 ぎじんか

  1. 人間でないものを人間見立てて表現すること。

発音(?)

ぎ↗じんか

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
擬人化-する

翻訳


「擬人化」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「擬人化」の関連用語

擬人化のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



擬人化のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの擬人化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの神話 (改訂履歴)、腐女子 (改訂履歴)、グーフィー (改訂履歴)、FairlyLife (改訂履歴)、マモン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの擬人化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS