河川敷とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 敷地 > 河川敷の意味・解説 

河川敷

読み方:かせんじきかせんしき

「河川敷」とは、一般的には川岸堤防間の水面除いた範囲広がる平らな土地部分のことを意味する表現

河川敷の一般的な意味・どこを指すのか?

特に定義なく口語で「河川敷」と口語で言う場合は、このような使い方が多いが、逆に文書の場合は普段川の水流れている部分(低水路)と激しい雨などにより水面高くなった場合には川の一部となる部分(高水敷)の両方合わせて河川敷と記述している場合や、そこに堤防(堤防敷)も含んで河川敷と記載している場合もあり、注意が必要である。

河川敷と土手の違い

河川敷と土手違いとしては、土手は主に土を盛って作られた堤防部分(堤防敷)のことを指すのに対して、河川敷は川岸から土手までの平らな部分のことを指すという意味的な違いがある

堤防と土手の違い

また堤防土手違いについては、一般的なほぼ同義考えて差し支えないが、土手と言う場合は土をもって作られた部分のことを指すのに対して堤防と言う場合は主にコンクリートによって固められたもののことを指すことが多い。ただし土手堤防を特に区別なく使っている用例もあり注意が必要である。

河川敷の目的と意義

河川に対して治水工事施して河川敷を作る目的大雨などにより河川増水した際に水位急激に上昇するのを抑止するという点にある。

河川法における河川敷

河川法の中では「河川敷」という言葉登場しない代わりに河川区域」という言葉定められている。河川法における河川区域いうのは治水工事が行われた河川堤防堤防間の区域、つまり川(河道)と河川敷と堤防合わせた区域のことを基本的に意味しているまた、河川管理施設敷地である土地や、堤防の外(堤内地)の敷地であっても河川管理者がその河川一体的管理する必要がある指定した土地も「河川区域」に含まれる

行政における河川敷と管理区分

河川の管理区分河川種類によって異なる

一級河川(直轄区間)・・・国土交通省
一級河川(指定区間)・・・都道府県(一部区間政令指定都市)
二級河川・・・都道府県(一部区間政令指定都市)
準用河川・・・市町村
普通河川(河川法適用外)・・・市町村


なお、どの河川が「一級河川」「二級河川」「準用河川」「普通河川」なのかということについては、国土交通省ならびに自治体定めている。また、日本の一級河川一覧」のページでは一級河川を一覧で見ることができる

河川敷の活用

河川敷は公共用物であり、比較昔からキャンプバーベキュー野球ゴルフ花火オープンカフェイベント広場船着場などとして活用されている。他方で2011年に」「河川敷地占用許可準則」の一部改正され河川管理者である自治体との間で施設使用契約により、オープンカフェイベント広場キャンプ場バーベキュー場船着場移動販売などを行う民間事業者占用料を河川管理者である自治体支払うことにより、利活用することができるようになった

河川敷に設置された代表的な施設

以下に河川敷に設置され代表的な施設紹介する

江戸川の河川敷・・・江戸川グラウンド
淀川の河川敷・・・淀川河川公園サッカーラグビー陸上競技フットサルコートテニスコートパターゴルフグラウンドゴルフなどの運動施設設置されている。

河川敷の英語表現

なお、河川敷は英語ではriver bed(直訳すると、川のベッド)」という表現用いられる

かせん‐しき【河川敷】


河川敷

作者鈴木恵子

収載図書湯河原文学賞アンソロジー
出版社祥伝社
刊行年月2007.2


河川敷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/12 08:32 UTC 版)

河川敷(かせんしき[1]、かせんじき[2])もしくは河道(かどう)とは、常時水が流れている区域(低水敷)と増水時に冠水する平坦な土地(高水敷)を合わせた区域をいう。この河道に堤防敷を加えて河川敷という場合もある。




「河川敷」の続きの解説一覧

河川敷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 09:24 UTC 版)

多摩川」の記事における「河川敷」の解説

河川敷のうち運動場などに利用されていない草むらには雑草類が生い茂りバッタなどの昆虫やそれを捕食する鳥類生息する堤防部分では、強度維持のために定期的に草刈りが行われている。そのため日当たりのよい荒野生育する各種雑草類やヤブカンゾウ・ノカンゾウ、ヒガンバナなどが観察される

※この「河川敷」の解説は、「多摩川」の解説の一部です。
「河川敷」を含む「多摩川」の記事については、「多摩川」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「河川敷」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

河川敷

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 07:20 UTC 版)

名詞

河川かせんしきかせんじき

  1. 堤防挟まれ河川敷地。常に水が流れる低水敷と、低水時に干上がる高水敷からなる堤防敷地含めていうこともある。

発音(?)

か↗せ↘ん
か↗せ↘んじき

類義語

参照


「河川敷」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



河川敷と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「河川敷」の関連用語

河川敷のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



河川敷のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの河川敷 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの多摩川 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの河川敷 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS