既得権とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 権利 > 権利 > 既得権の意味・解説 

きとく‐けん【既得権】

読み方:きとくけん

一たび獲得した権利法的根拠に基づき、すでに獲得している権利


既得権益

(既得権 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/11/29 09:59 UTC 版)

既得権益(きとくけんえき、英語: vested interest)とは、ある個人または集団が歴史的経緯により維持している権益(権利とそれに付随する利益)のこと。




「既得権益」の続きの解説一覧

既得権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/08 18:50 UTC 版)

.int」の記事における「既得権」の解説

厳密なガイドライン適用される以前に、.int現在のガイドラインでは許可されない割り当て許可されていた。例えば、キリスト教青年会(YMCA)は、1990年代初頭適用された緩いガイドラインの元で.intドメイン取得したIANAは、現在の基準満たさないYMCAやThe Phone Company英語版のような組織に対して既に割り当てたドメイン撤回はしていない

※この「既得権」の解説は、「.int」の解説の一部です。
「既得権」を含む「.int」の記事については、「.int」の概要を参照ください。


既得権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/08 18:39 UTC 版)

.edu」の記事における「既得権」の解説

2001年10月29日よりも以前取得されていた.eduドメインは、既得権として2001年10月29日以降も有効であり、現在の取得基準に関係なく.eduドメイン名保持できるアメリカ国内におけるこのような例には、以下のようなものがある。 モンゴメリー・ブレア高校英語版)(公立高校) - mbhs.edu フィリップス・エクセター・アカデミー私立中教育機関) - exeter.edu フィリップス・アカデミー・アンドーヴァー私立中教育機関) - andover.edu ブルッキングス研究所調査研究機関) - brookings.edu スミソニアン協会国立博物館) - si.edu ゲティ財団カリフォルニア州ロサンゼルスにある国際文化慈善団体) - getty.edu Educause英語版)(非営利団体.eduレジストラ) - educause.edu フランクリン研究所英語版)(ペンシルベニア州フィラデルフィアにある博物館) - fi.edu エクスプロラトリアムカリフォルニア州サンフランシスコ科学館) - exploratorium.edu 全米医学アカデミー全米アカデミーズ構成する学術機関) - iom.edu シカゴ美術館美術館) - artic.edu フォルジャー・シェイクスピア図書館英語版)(ワシントンD.C.ある図書館) - folger.edu 宇宙望遠鏡科学研究所ハッブル宇宙望遠鏡ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡運用を行う組織) - stsci.edu Psiimond Network Services民間Webデザイン会社) - pns.edu アメリカ国外では、京都情報大学院大学取得当時京都コンピュータ学院)が1995年kcg.edu取得しており、これは日本の高等教育機関では唯一ののであるこの他アメリカ国外での.eduドメイン使用例には、以下のようなものがある。 nist.edu( インドインド国科学技術研究所(英語版)) polytechnique.edu( フランスエコール・ポリテクニーク) solvay.edu( ベルギーブリュッセル自由大学ソルベー経済・経営学院(英語版)) uni-pr.edu( コソボプリシュティナ大学英語版)) upc.edu( スペインカタルーニャ工科大学) uwi.edu( ジャマイカバルバドストリニダード・トバゴ西インド諸島大学2003年Educauseは、登録者レジストリログインしてwhoisエントリを確認するという要求応じなかったドメイン名削除することにより、正しく登録されていないドメイン名.eduレジストリ排除するイニシアチブ取った。これにより、Educauseは、oracle.edu、geraldine.edu、jedi.eduなど、.eduドメインへの登録に適格でないと思われる多数ドメイン排除することを期待していた。2006年以降Educauseには、.eduドメイン名所有権他の事業体に移転することを防ぐ対策実施する権限与えられている。これらの措置は、登録料徴収とともに無効または不適格な.eduドメイン名の数を減らすことを目的としていた。 米国教育省は、「疑わしい」または「違法な教育機関一部は、2001年厳格な基準適用される前に登録され.eduアドレス引き続き使用していることを指摘している。

※この「既得権」の解説は、「.edu」の解説の一部です。
「既得権」を含む「.edu」の記事については、「.edu」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「既得権」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「既得権」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



既得権と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「既得権」の関連用語

既得権のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



既得権のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの既得権益 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの.int (改訂履歴)、.edu (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS