冠水とは?

冠水

読み方:かんすい

洪水河川氾濫などにより、農地道路などの土地広範囲浸かる・覆われる状況を指す語。大雨原因発生する場合もある。

「冠」の字は「上にかぶせる」という意味であり、土地の上が溜まって土地水面下に沈む状況表現する。対象水没してしまってい状況を指す語といえる

冠水に似た表現に「浸水」もあるが、浸水は主に住宅などの建造物中に入り込む状況指して用いられる。「浸」は「ひた(る)」という意味の字である。

基本的には、畑や道路浸る場合は「冠水」、住宅などが浸かる場合は「浸水」と表現される。浸水程度によって「床上浸水」や「床下浸水」などのように表現される。

住宅について「冠水」と表現される場合もあるが、これは住人屋根の上に逃れる他なくなるほど家屋どっぷり浸かる状況で用いられる場合が多い。

かん‐すい〔クワン‐〕【冠水】

[名](スル)洪水などで田畑作物をかぶること。「大水で田が冠水した」


冠水

分野
洪水に関する用語
意味:
田畑作物などがをかぶること。

かんすい 冠水

地表水過剰となり、地上にたまった作物体が水中浸ること

冠水 (かんすい)

冠水とは、出水氾濫により普段水のない土地につかることを言います。

水害

(冠水 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/01 05:20 UTC 版)

水害(すいがい)とは、による災害の総称。洪水高潮など水が多すぎるために起こる災害の総称[1]。「水災害(みずさいがい)」や「水災(すいさい)」とも。


  1. ^ 『世界大百科事典』「水害」
  2. ^ 『日本大百科事典』「水害」
  3. ^ 土砂崩れ(土砂災害)は様々な原因で起きるが、(その全てが「水害」ではないが)その中でも大量の水が原因で起きる土砂崩れは、同時に水害にも分類される。
  4. ^ ちなみに、によるものは風害、雪によるものは「雪害」、落雷や降雹によって起こる災害は「雷害」と呼ばれる。
  5. ^ (水位は 計画水位→危険水位(警戒水位)→計画高水位の順に高くなる)。
  6. ^ a b 横浜市 道路冠水に対するご協力を 道路冠水の一番の原因は雨水ますの詰まりです。雨水ます蓋に落ち葉やゴミがたまっている場合は、清掃をお願いします(車道で作業を行う場合は、十分、自動車やバイクなどに気をつけてください)。台風の際、落ち葉などのゴミで冠水した道路画像(鶴見土木事務所)。
  7. ^ 内閣府防災. “資料8”. 2019年9月18日閲覧。
  8. ^ 教職員共済. “住宅災害等給付金付火災共済事業規約”. 2019年9月18日閲覧。
  9. ^ Agency, 気象庁 Japan Meteorological. “南山城の大雨 昭和28年(1953年) 8月11日~8月15日” (日本語). www.data.jma.go.jp. 2018年7月19日閲覧。


「水害」の続きの解説一覧



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「冠水」の関連用語

冠水のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



冠水のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
気象庁気象庁
©2021 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2021 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2021 京浜河川事務所 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの水害 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS