シベリア出兵とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 事件 > シベリア出兵の意味・解説 

シベリアしゅっぺい 【シベリア出兵】


シベリア出兵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/13 06:25 UTC 版)

シベリア出兵(シベリアしゅっぺい、: Siberian Intervention)とは、1918年から1922年までの間に、連合国大日本帝国イギリス帝国アメリカ合衆国フランスイタリアなど)が「革命軍によって囚われたチェコ軍団を救出する」という大義名分でシベリアに出兵した、ロシア革命に対する干渉戦争の一つ。社会主義を封じるという説明は抽象的である。より具体的には帝国時代の外債と、露亜銀行などのさまざまな外資を保全する狙いがあった。




  1. ^ 原暉之『シベリア出兵:革命と干渉1917–1922』1989年 筑摩書房、572頁
  2. ^ 斎田章『ロシア革命の貨幣史(シベリア異聞)』
  3. ^ Humphreys, Leonard A.:The Way of the Heavenly Sword: The Japanese Army in the 1920's. Stanford University Press. 1996. ISBN 0-8047-2375-3.
  4. ^ 『シベリア出兵―革命と干渉 1917~1922』原 暉之 1989年 筑摩書房 ISBN 978-4480854865 p. 177-178
  5. ^ 『西伯利事変 写真帖 第一篇』 町田幸左衛門 1920年
  6. ^ 『シベリア出兵―革命と干渉 1917~1922』原 暉之 1989年 筑摩書房 ISBN 978-4480854865 p. 470-471
  7. ^ a b 笠原十九司『東アジア近代史における虐殺の諸相』 (PDF) 2004年
  8. ^ 『黒竜州『イワーノフカ』『タムホーフカ』村紀行』より。
  9. ^ 『シベリア出兵:革命と干渉1917–1922』 415–419頁
  10. ^ 『シベリア出兵:革命と干渉1917–1922』 420頁
  11. ^ 旧陸海軍記録、『西受大日記』、1919年3月
  12. ^ 『ハ杉貞利日記・ろしや路』(図書新聞社、1967年) 122·124頁
  13. ^ 『シベリア出兵:革命と干渉1917–1922』 422頁
  14. ^ 『マンチジューリヤ』紙(1918年12月29日付)
  15. ^ 『シベリア出兵:革命と干渉1917–1922』 426頁
  16. ^ 『八杉貞利日記・ろしや路』 146頁
  17. ^ 『八杉貞利日記・ろしや路』 122頁
  18. ^ 『八杉貞利日記・ろしや路』 144頁
  19. ^ 『八杉貞利日記・ろしや路』 131–132頁
  20. ^ 日本・ポーランド関係のエピソード(在ポーランド日本国大使館ホームページ)
  21. ^ 人道の港 敦賀ムゼウム ポーランド孤児
  22. ^ 「太平洋戦争への道」第一巻


「シベリア出兵」の続きの解説一覧



シベリア出兵と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「シベリア出兵」の関連用語

シベリア出兵のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



シベリア出兵のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシベリア出兵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS