暴力団対策法とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 暴力団対策法の意味・解説 

暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律

(暴力団対策法 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/09 04:38 UTC 版)

暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(ぼうりょくだんいんによるふとうなこういのぼうしとうにかんするほうりつ、平成3年法律第77号)は、暴力団員の行う暴力的要求行為について必要な規制を行い、及び暴力団の対立抗争等による市民生活に対する危険を防止するために必要な措置を講ずるとともに、暴力団員の活動による被害の予防等に資するための民間の公益的団体の活動を促進する措置等を講ずることにより、市民生活の安全と平穏の確保を図り、もって国民の自由と権利を保護することを目的とする日本法律である。略称は暴対法[1]暴力団対策法暴力団新法[2]など。






「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「暴力団対策法」の関連用語

暴力団対策法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



暴力団対策法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2019 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS