起請文とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 信仰 > 請文 > 起請文の意味・解説 

き しょうもん -しやう- [2][0] 【起請文】


起請文

読み方:キショウモン(kishoumon)

違背したら神仏の罰を受けることを神仏に誓うために作成する文書


起請文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/14 22:34 UTC 版)

起請文(きしょうもん)は、日本でかつて作成されていた、人が契約を交わす際、それを破らないことを神仏に誓う文書である。単に起請ともいう。


  1. ^ 網野善彦 『海と列島の中世』 講談社学術文庫 2003年 ISBN 4-06-159592-X p.122.
  2. ^ 同『海と列島の中世』 2003年 p.121.ただし清原宣賢はこの考えを支持していない(同書より)。


「起請文」の続きの解説一覧



起請文と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「起請文」の関連用語

起請文のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



起請文のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの起請文 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS