手押し相撲とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 手押し相撲の意味・解説 

相撲

(手押し相撲 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/16 05:30 UTC 版)

相撲(すもう)は、土俵の上で力士が組合って戦う形を取る日本古来の神事で、同時にそれを起源とする武芸武道の一つ。興行としては大相撲が行われている。日本由来の武道格闘技スポーツとして国際的にも認知されている。




  1. ^ 歌川国貞画:大判錦絵:杣ヶ花 渕右エ門(そまがはな・ふちえもん)
  2. ^ a b c 「江戸の遊び~けっこう楽しいエコレジャ~」を巡る話題から(3)みるきく楽しみ横山美佳、東北大学附属図書館報、Vol. 32, No.1 2007
  3. ^ a b c d 井上宗一郎「民俗学における競技の対象化に関する一考察 : 近世以降の素人相撲をめぐる競技体系の近代化から(第Ⅲ部 術語と概念の地平)」『国立歴史民俗博物館研究報告』第165巻、国立歴史民俗博物館、2011年3月、 225-249頁、 doi:10.15024/00001912ISSN 02867400NAID 1200057488882021年4月30日閲覧。
  4. ^ 大相撲ジャーナル』2017年8月号、59頁
  5. ^ 日本書紀
  6. ^ 野見宿禰神社創建
  7. ^ 日本書紀』、巻第十四
  8. ^ 日本書紀』、巻第二十四
  9. ^ 続日本紀
  10. ^ 酒井, pp. 5-6.
  11. ^ 酒井, p. 61.
  12. ^ 秋澤亙・川村裕子『王朝文化を学ぶ人のために』 世界思想社、2010年8月2日、ISBN 978-4790714880
  13. ^ 酒井, p. 62.
  14. ^ 酒井, p. 69.
  15. ^ 酒井, p. 71.
  16. ^ 酒井, p. 73.
  17. ^ 渡辺達三, 近世広場の成立・展開火除地広場の成立と展開 (2)}」『造園雑誌』 36巻 2号 1972年 p.27-34, 日本造園学会, doi:10.5632/jila1934.36.2_27
  18. ^ 牛垣雄矢、田中絵里子、畠山輝雄、佐野 充、「交差の界隈性 : 現代東京における江戸の見附地と辻の役割」『国際交通安全学会誌』 Vol.30 No.2 p.118-128, 2005年8月, 国際交通安全学会, NAID 10019342059
  19. ^ a b c 吉崎祥司・稲野一彦『相撲における「女人禁制の伝統」について』 北海道教育大学紀要. 人文科学・社会科学編 / 北海道教育大学編.. 59(1) 2008年8月、71-86頁 ISSN 1344-2562
  20. ^ a b c 金田英子「興行としての女相撲に関する研究」『日本体育大学紀要』第22巻第2号、日本体育大学、1993年3月、 p97-102、 ISSN 02850613NAID 110000304553
  21. ^ a b 金田英子「1212505 北九州地方における女相撲について : 長崎県・佐賀県の場合」『日本体育学会大会号』第43回(1992)、日本体育学会、1992年、 907頁、 doi:10.20693/jspeconf.43B.0_907NAID 110001909621
  22. ^ 石浦外喜義『弱くても勝てる 強くても負ける』幻冬舎、2017年4月20日、8頁、ISBN 978-4344031036
  23. ^ 大空出版相撲ファン』vol.06、103頁
  24. ^ 格闘技大国ジョージアで高まる相撲熱”. 日本経済新聞 (2018年3月7日). 2020年6月10日閲覧。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「手押し相撲」の関連用語

手押し相撲のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



手押し相撲のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの相撲 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS