東京国際展示場とは?

東京国際展示場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/30 02:37 UTC 版)

東京国際展示場(とうきょうこくさいてんじじょう)は、日本東京都江東区有明三丁目に所在し、株式会社東京ビッグサイトが運営するコンベンション・センター。運営会社名と同じ東京ビッグサイト (Tokyo Big Sight) の愛称で親しまれている。




  1. ^ 展示会場面積 世界ランキング (PDF) (日本展示会協会 2016年のデータ)
  2. ^ 林健太 (2015年6月4日). “東京ビッグサイトのファミマ閉店! ローソンとセブン-イレブン開店でコンビニ三国志へ”. ねとらぼ. ITmedia. http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1506/04/news087.html 2016年12月18日閲覧。 
  3. ^ 東京ビッグサイトの利用実績 平成19年度 展示会等の開催状況 (PDF)”. 東京ビッグサイト (2008年4月30日). 2016年12月18日閲覧。
  4. ^ 東京ビッグサイト、開業以来のご来場者が1億人を突破! (PDF)”. 東京ビッグサイト (2007年7月20日). 2016年12月18日閲覧。
  5. ^ テーマ14 メディア (PDF)”. 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会. 2016年12月18日閲覧。
  6. ^ a b “東京ビッグサイト、展示面積25%増 五輪までに”. 日本経済新聞. (2014年6月18日). http://www.nikkei.com/article/DGXNZO72886880X10C14A6L72000/ 2015年2月23日閲覧。 
  7. ^ 平成26年第2回定例会 本会議録 第8号〔速報版〕”. 東京都議会 (2014年6月17日). 2016年12月18日閲覧。
  8. ^ “東京ビッグサイト、五輪にらみ仮設展示場 2万平方メートル100億円”. 日本経済新聞. (2014年10月29日). http://www.nikkei.com/article/DGKKZO79003120Y4A021C1L83000/ 2016年12月18日閲覧。 
  9. ^ “佐藤総合と随契/東京都財務局の東京国際展示場基本設計”. 建設通信新聞. (2014年12月8日). オリジナルの2014年12月11日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20141211091846/http://www.kensetsunews.com/?p=40422 2016年12月18日閲覧。 
  10. ^ 東京ビッグサイト、コミケなど救済策 19年に仮設施設,朝日新聞デジタル,2016年2月24日付。
  11. ^ ビッグサイトの代替仮設展示場 設置期間1年8カ月に延長,産経ニュース,2016年11月11日
  12. ^ 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に伴う東京ビッグサイトの利用制約への対応について,東京都産業労働局,2016年11月10日
  13. ^ “東京ビッグサイトのイメージキャラクターの名付け親になれるぞー!”. ITmedia. (2012年6月27日). http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1206/27/news029.html 2016年12月18日閲覧。 
  14. ^ 東京ビッグサイトイメージキャラクターの名前☆決定!!姉「さいと みらい」& 妹「さいと ゆめ」 (PDF)”. 東京ビッグサイト (2012年9月12日). 2016年12月18日閲覧。
  15. ^ 免許取得状況 エリア放送開発委員会(Internet Archiveのアーカイブ:2014年2月2日収集)
  16. ^ エリア放送を行う地上一般放送局の免許状況(詳細)関東総合通信局


「東京国際展示場」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「東京国際展示場」の関連用語

東京国際展示場のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



東京国際展示場のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの東京国際展示場 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS