自由の女神像とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 自由の女神像の意味・解説 

じゆう‐の‐めがみぞう〔ジイウ‐めがみザウ〕【自由の女神像】

読み方:じゆうのめがみぞう

自由の女神


自由の女神像

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/03 14:16 UTC 版)

自由の女神像(じゆうのめがみぞう、英語:Statue of Liberty、フランス語:Statue de la Liberté)は、ローマ神話の自由の女神リベルタスをかたどった立像。


  1. ^ フジテレビトリビア普及委員会 『トリビアの泉〜へぇの本〜 1』講談社、2003年。 [要ページ番号]
  2. ^ 佐藤健寿 『世界不思議地図』朝日新聞出版、2017年、79頁。ISBN 978-4-02-331573-0 
  3. ^ お台場ガンダムと台場の女神像どちらが大きい?”. 日刊SPA! (2012年4月18日). 2022年7月3日閲覧。
  4. ^ 店舗閉店でも残る?赤羽のシンボル「自由の女神像」看板の行方”. しらべぇ (2017年1月14日). 2021年4月23日閲覧。
  5. ^ “<ものがたりモニュメント 中濃・可茂>(4) 美濃「自由の女神」レプリカ像 台風に耐える道しるべ”. 中日新聞Web. (2020年8月15日). https://www.chunichi.co.jp/article/105135 2022年7月3日閲覧。 
  6. ^ 牧之原市観光案内 静波海岸 - まきのはら活性化センター
  7. ^ 『東名高速をゆく』イカロス出版、2011年9月30日、40-41頁。ISBN 978-4-86320-484-3 
  8. ^ a b c d e “たいまつをアイスに持ち替えた「自由の女神像」が見た平成”. 産経ニュース. (2020年8月22日). https://www.sankei.com/article/20200822-5INLWUWM2NNWXLAUZ46YAZL6OU/ 2022年7月3日閲覧。 
  9. ^ a b c d “4月1日はエープリルフール 「うそ」でもいいから海外に行きたい…海外風?な写真を撮ってみた!(Sデジオリジナル記事)”. 山陰中央新報デジタル. (2022年4月1日). オリジナルの2022年4月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220401144526/https://www.sanin-chuo.co.jp/articles/-/186577 2022年7月3日閲覧。 
  10. ^ 自由の女神:観光地に出現、景観論争に 函館”. 毎日新聞 (2010年6月20日). 2010年6月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年7月3日閲覧。
  11. ^ 函館の自由の女神像を撤去 突如出現から2カ月”. 47NEWS (2010年8月19日). 2010年9月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年7月3日閲覧。
  12. ^ ハコダテ150+ (2011年2月28日). “二十間坂に女神像が再び立つ。” (日本語). 2012年1月22日閲覧。
  13. ^ a b 復興の女神に 石巻”. 東京新聞 (2011年4月3日). 2011年4月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年7月3日閲覧。
  14. ^ 難逃れた石巻の「自由の女神」、復興目指す被災地見守る”. ロイター (2011年4月5日). 2022年7月3日閲覧。
  15. ^ 石巻で被災した自由の女神像 取り壊しも保存も決まらぬ現状”. NEWSポストセブン (2013年10月7日). 2022年7月3日閲覧。
  16. ^ 東日本大震災で津波に耐えた「自由の女神」像 市民を勇気づけた「復興の象徴」の姿”. デイリー新潮 (2021年3月10日). 2022年7月3日閲覧。
  17. ^ a b c “津田沼パルコに「自由の女神像」“復活” 1977年開業時の象徴 1年後閉店まで展示へ”. 千葉日報オンライン. (2022年2月27日). オリジナルの2022年2月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220227125522/https://www.chibanippo.co.jp/news/local/909818 2022年7月3日閲覧。 


「自由の女神像」の続きの解説一覧

自由の女神像

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/29 00:38 UTC 版)

オブリビオン (映画)」の記事における「自由の女神像」の解説

リバティ島にある、ニューヨークアメリカの象徴とも呼べる像。しかし、西暦2077年時点においては先述渓谷谷底へと埋没しており、トーチたいまつ)を持った右手だけがかろうじて破損しながらも地中から出ている。

※この「自由の女神像」の解説は、「オブリビオン (映画)」の解説の一部です。
「自由の女神像」を含む「オブリビオン (映画)」の記事については、「オブリビオン (映画)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「自由の女神像」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「自由の女神像」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「自由の女神像」の関連用語

自由の女神像のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



自由の女神像のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの自由の女神像 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのオブリビオン (映画) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS