船の科学館とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 駅名 > 船の科学館の意味・解説 

船の科学館

読み方:フネノカガクカン(funenokagakukan)

所在 東京都(ゆりかもめ臨海線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

船の科学館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/12 08:56 UTC 版)

船の科学館(ふねのかがくかん Museum of Maritime Science)は、公益財団法人日本海事科学振興財団が運営する海事博物館東京都品川区東八潮の現東京臨海副都心地区に、1974年昭和49年)7月に竣工・開館した。2011年10月に本館展示を休止[注釈 1]し、南極観測船宗谷」の展示公開と屋外展示場での収蔵物展示を中心に博物館として営業しており、体験教室など各種イベントを継続して実施している。




注釈

  1. ^ 博物館側の言い方としては「リニューアル工事」であるが、2019年現在まで再開の発表はなされていない。

出典

  1. ^ 日本海事科学振興財団について”. 2016年12月15日閲覧。
  2. ^ “船の科学館、9月末で本館展示休止 「羊蹄丸」も”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2011年9月1日). オリジナルの2017年5月28日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/WqkTM 
  3. ^ a b c 船の科学館 本館展示の休止について”. 財団法人 日本海事科学振興財団 (2011年7月1日). 2016年1月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年7月8日閲覧。
  4. ^ “船の科学館 本館展示の休止について” (PDF) (プレスリリース), 財団法人 日本海事科学振興財団 船の科学館 学芸部 企画広報課, (2011年7月1日), オリジナルの2017年5月28日時点によるアーカイブ。, https://megalodon.jp/2017-0528-0919-17/www.marinavi.com/images/%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9/2011/0701Funenokagakukan_release.pdf 
  5. ^ 船の科学館「本館展示休止」と「宗谷」無料公開のお知らせ”. 財団法人日本海事科学振興財団 (2011年10月1日). 2012年6月24日閲覧。
  6. ^ a b 「船の科学館 MINI 展示場」の新規公開について”. 財団法人日本海事科学振興財団 (2011年12月23日). 2013年1月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月24日閲覧。
  7. ^ 船の科学館における有人潜水調査船「しんかい2000」の展示協力について”. 海洋研究開発機構 (2006年7月13日). 2011年10月3日閲覧。
  8. ^ 日本トルコ友好120周年事業(串本町)”. 和歌山県. 2018年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月16日閲覧。
  9. ^ アタテュルク騎馬像除幕式典”. 和歌山県. 2018年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月16日閲覧。
  10. ^ 船の科学館公式Twitter、2016年9月15日のツイート2016年12月15日閲覧。
  11. ^ パラスポーツ専用体育館「日本財団パラアリーナ」が完成 オープンセレモニーに森組織委会長、小池都知事ら出席”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2019年5月14日閲覧。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「船の科学館」の関連用語

船の科学館のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



船の科学館のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの船の科学館 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS