的場順三とは?

的場順三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/14 09:48 UTC 版)

的場 順三(まとば じゅんぞう、1934年9月15日 - )は、日本の元大蔵国土官僚滋賀県出身[1]。2006年9月から2007年9月まで安倍内閣内閣官房副長官(事務担当)を務めた。




  1. ^ 近江商人(飴屋)の次男であるという。仲人は京大の先輩である池田勇人(大蔵大臣、のち内閣総理大臣
  2. ^ 「内閣五室長の仕事については、後藤田長官の指示(後藤田五訓)もあり、相互に乗り入れをやりましょうということで、あまり垣根を設けずそれぞれの仕事について、各室で今何が問題であるかを情報交換し、また必要があれば、助けたり、助けられたり、ということになったのである。」佐々淳行 『わが上司 後藤田正晴』 文春文庫、2002年、434頁(的場順三による解説)
  3. ^ 2000年12月4日、11日、18日放送分での出演に始まり、後藤田・佐々とはスペシャルのたびに共演した。なお的場自身も1度、単独で出演している(2001年2月19日放送分)。
  4. ^ a b 『平成日本のよふけ』(2001年2月19日、フジテレビ系列放送)での証言。
  5. ^ 『テレビ史を揺るがせた100の重大ニュース 今夜一挙公開』(2015年4月5日、TBS系列放送)での証言。
  6. ^ a b c d “的場元副長官「首相辞任、もういっぺんやりましょう」”. 日本経済新聞. (2015年3月8日). http://www.nikkei.com/article/DGXMZO83984680V00C15A3I10000/ 2015年4月7日閲覧。 
  7. ^ “官房副長官に旧大蔵官僚・的場氏(2006年) 「お友達内閣」調整に腐心”. 日本経済新聞. (2015年3月8日). http://www.nikkei.com/article/DGXKZO84104990X00C15A3NN9000/ 2015年4月7日閲覧。 
  8. ^ 副長官が迎賓館前で記者から取材を受けるのは極めて異例である。これには、内閣官房内閣内政審議室長時代、取材のため自宅にマスコミ各社が頻繁に訪れた経験から、近所迷惑になると考えた的場が、迎賓館前でのぶら下がり取材を逆提案したことが背景にある。
  9. ^ 【天下り問題】事務次官のクビを一瞬で飛ばした安倍官邸「真の狙い」(髙橋 洋一) | 現代ビジネス | 講談社(2/3)
  10. ^ 佐々淳行 『わが上司 後藤田正晴』 文春文庫、2002年、367頁


「的場順三」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「的場順三」の関連用語

的場順三のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



的場順三のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの的場順三 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS