内閣官房副長官補とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 内閣官房副長官補の意味・解説 

内閣官房副長官補

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/15 10:15 UTC 版)

内閣官房副長官補(ないかくかんぼうふくちょうかんほ、Assistant Chief Cabinet Secretary)は日本内閣法に基づき内閣官房に置かれる官職のひとつ。定数は3人で、任免は内閣総理大臣の申出により、内閣において行う。国会議員がこの職に就任することはなく、国家公務員が任命される。


  1. ^ 宇宙開発戦略本部 構成員
  2. ^ a b c 『特技懇』 264号 特許庁技術懇話会 p.72
  3. ^ 内閣調査局→企画庁→企画院→内閣参事官(内閣参事官室)・軍需省(移管)・内務省(移管)→綜合計画局→内閣調査局(第2次)→内閣審議室・内閣総理大臣官房調査室(独立)→内閣官房審議室・内閣総理大臣官房審議室(分離)→内閣内政審議室・内閣外政審議室→内閣官房副長官補(内閣官房副長官補室)


「内閣官房副長官補」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「内閣官房副長官補」の関連用語

内閣官房副長官補のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



内閣官房副長官補のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの内閣官房副長官補 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS