内閣府特命担当大臣とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 役職 > 大臣 > 内閣府特命担当大臣の意味・解説 

内閣府特命担当大臣

読み方:ないかくふとくめいたんとうだいじん
別名:特命担当大臣特命担当相

内閣府において特定の政策に関する事業推進担当するよう任命された国務大臣職位2001年1月内閣府設置法施行によって法制化された。

内閣府特命担当大臣は、複数官庁にまたがっており、緊急に検討対策を行う必要のある政策などについて担当するよう任命される。呼称としては担当部門にづつき「担当大臣」と表記されることが多い。

内閣府特命担当大臣の例としては、菅直人内閣行政刷新会議で「内閣府特命担当大臣(行政刷新)」に就き、「事業仕分け」「規制仕分け」「国まるごと仕分け」などを推進している、蓮舫行政刷新担当大臣などがある。

関連サイト
大臣・副大臣・大臣政務官 - 内閣府

内閣府特命担当大臣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/29 20:56 UTC 版)

内閣府特命担当大臣(ないかくふとくめいたんとうだいじん、: Minister of State for Special Missions)は、中央省庁再編に伴う内閣府設置法の施行により2001年1月6日に法制化された職位。国務大臣をもって充てられ、内閣府に置かれる。職名は「内閣府特命担当大臣(○○担当)」のように括弧付きで表記される。定数については特に定められていないが、沖縄及び北方対策担当金融担当消費者及び食品安全担当の3つは必置とされている(内閣府設置法10条、11条、11条の2)。






「内閣府特命担当大臣」の続きの解説一覧



内閣府特命担当大臣と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「内閣府特命担当大臣」の関連用語

内閣府特命担当大臣のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



内閣府特命担当大臣のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの内閣府特命担当大臣 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS