石原伸晃とは?

石原伸晃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/29 02:53 UTC 版)

石原 伸晃(いしはら のぶてる、1957年4月19日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(10期)、近未来政治研究会(石原派)会長。




  1. ^ 『石原慎太郎を知りたい:石原慎太郎事典』志村有弘2001年発行、1ページ
  2. ^ a b c PRESIDENT (2011年4月25日). “自由民主党幹事長 石原伸晃 -4選を決めた石原都知事の「のん気」な跡取り”. PRESIDENT Online. http://president.jp/articles/-/4030 2014年9月8日閲覧。 
  3. ^ 芹川洋一著、平成政権史、日経プレミアシリーズ、2018年、137頁、日本経済新聞出版社
  4. ^ “石原氏を痛烈批判=麻生氏”. ウォール・ストリート・ジャーナル. (2012年9月14日). http://jp.wsj.com/Japan/Politics/node_511691 2012年10月1日閲覧。 
  5. ^ “石破氏1位、党員票で圧倒=安倍氏と決選投票-自民総裁選”. 時事通信. (2012年9月26日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012092600189 2013年11月5日閲覧。 [リンク切れ]
  6. ^ “皇太子さまが認証式臨時代行” (日本語). ロイター. 共同通信 (トムソン・ロイター). (2016年1月28日). http://jp.reuters.com/article/idJP2016012801001922 2016年1月28日閲覧。 
  7. ^ a b c “2012衆院選 比例代表 東京ブロック”. 毎日新聞. (2012年12月4日). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kouji_hirei_meikan.html?mid=D05001001008 2014年6月11日閲覧。 
  8. ^ a b c d http://senkyo.mainichi.jp/47shu/meikan.html?mid=A13008003003&st=tk
  9. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  10. ^ “島根で5度目の竹島の日 知事「世論の高揚不可欠」”. 共同通信社. 47NEWS. (2010年2月22日). http://www.47news.jp/CN/201002/CN2010022201000712.html 2010年11月23日閲覧。 
  11. ^ a b “やっぱり大ウソだった「道路公団改革」の現状”. 講談社. (2003年5月14日). オリジナルの2003年6月24日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20030624060101/http://kodansha.cplaza.ne.jp/broadcast/special/2003_05_14/content.html 2013年11月8日閲覧。 
  12. ^ “公団総裁解任は妥当 藤井氏の取り消し請求棄却”. 共同通信. (2006年9月6日). http://www.47news.jp/CN/200609/CN2006090601003039.html 2014年9月8日閲覧。 
  13. ^ 2008年10月27日 時事通信
  14. ^ “反原発、「集団ヒステリー」=石原自民幹事長”. 時事通信. (2011年6月14日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201106/2011061400416 2013年11月5日閲覧。 [リンク切れ]
  15. ^ 1997年4月25日 読売新聞
  16. ^ “【自民総裁選】河野談話、靖国、尖閣で各候補の違い浮き彫り”. MSN産経ニュース. (2012年9月14日). オリジナルの2012年9月15日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120915002054/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120914/stt12091423530023-n1.htm 2013年11月8日閲覧。 
  17. ^ a b “【尖閣国有化】中国は「尖閣に攻めてこない」 自民・石原氏が断言”. MSN産経ニュース. (2012年9月12日). オリジナルの2012年9月12日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120912032646/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120912/stt12091200290001-n1.htm 2013年11月8日閲覧。 
  18. ^ a b “石原幹事長、失言再犯 福島原発を“福島第1サティアン””. J-CASTニュース. (2012年9月13日). http://www.j-cast.com/2012/09/13146358.html 2012年9月20日閲覧。 
  19. ^ “石原伸晃氏、テレビで問題発言 福島第1原発を「サティアン」”. スポーツニッポン. (2012年9月13日). http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/09/13/kiji/K20120913004105140.html 2012年9月20日閲覧。 
  20. ^ “石原氏「福島第1サティアンに」 汚染土壌処理問題で 「単なる言い間違え」?”. サンケイビズ. (2012年9月13日). http://www.sankeibiz.jp/macro/news/120913/mca1209132312015-n1.htm 2012年9月20日閲覧。 [リンク切れ]
  21. ^ https://twitter.com/kyodo_official/status/478459105804181504
  22. ^ “石原自民幹事長、米中枢同時テロ「歴史の必然として」”. MSN産経ニュース. (2011年9月10日). オリジナルの2011年9月10日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110910145803/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110910/stt11091017550007-n1.htm 2013年11月8日閲覧。 
  23. ^ a b “自民党幹事長 首相の任命責任も”. NHKオンライン. (2011年9月10日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110910/t10015519021000.html 2013年11月5日閲覧。 [リンク切れ]
  24. ^ a b 宮田律「自民党政権でも外交はダメダメ」『週刊朝日』116巻48号、朝日新聞出版2011年10月7日、28頁。
  25. ^ 高杉良小宮悦子「『虚像』刊行記念特別対談――野田総理は『小泉&竹中』の負の遺産を断ち切れるか!」『週刊新潮』56巻39号、新潮社2011年10月13日、68頁。
  26. ^ a b “石原伸晃氏の「エイリアン」発言 各党から批判の嵐”. スポーツニッポン. (2012年2月8日). オリジナルの2012年2月10日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120210223243/http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/02/08/kiji/K20120208002589010.html 2013年11月8日閲覧。 
  27. ^ “【東日本大震災】自公、子ども手当つなぎ法案に反対へ 石原幹事長「ポルポトに与しない!」”. MSN産経ニュース. (2011年3月23日). オリジナルの2011年3月25日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110325110029/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110323/stt11032322480007-n1.htm 2013年11月8日閲覧。 
  28. ^ msn 産経ニュース 2012.7.3 石原・自民幹事長、民主党は「脳死ですね」 患者家族の批判招く可能性も
  29. ^ チャンスに打てない中軸打者石原伸晃「本日も空振り」」『週刊文春』2006年12月21日号、文藝春秋、2006年12月14日、2010年10月11日閲覧。
  30. ^ “早くも組閣人事に色めきたつ 自民党の「気分はもう与党」”. 週刊文春. (2012年10月25日). http://shukan.bunshun.jp/articles/-/1948 2014年9月8日閲覧。 
  31. ^ 【都知事選】山口敏夫氏が石原親子を猛批判「親ばか。せがれはもっと頭が悪い」
  32. ^ 崇教真光』誌平成16年12月号 P65-67
  33. ^ 『崇教真光』誌平成13年12月号
  34. ^ 『崇教真光』誌平成16年12月号
  35. ^ 『崇教真光』誌平成17年12月号
  36. ^ “石原幹事長、宗教法人に「会費」=自民支部から2年36万円—「適正に処理し報告」”. 朝日新聞. (2011年11月24日). オリジナルの2011年11月26日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20111126223907/http://www.asahi.com/national/jiji/JJT201111240024.html 2013年11月8日閲覧。 
  37. ^ “石原幹事長、宗教法人に「会費」=自民支部から2年36万円—「適正に処理し報告」”. 時事通信. (2011年11月24日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201111/2011112400151 2013年11月5日閲覧。 [リンク切れ]
  38. ^ 週刊現代 2002年12月7日号. 講談社. [要ページ番号]
  39. ^ 平成12年分政治資金収支報告書の要旨(平成13年9月14日付け官報) (PDF)”. 総務省. pp. 121 (2001年9月14日). 2013年11月9日閲覧。平成13年分政治資金収支報告書の要旨(H14.9.13付け官報) (PDF)”. 総務省. pp. 116 (2002年9月13日). 2013年11月9日閲覧。平成14年分政治資金収支報告書の要旨(平成15年9月12日付け官報) (PDF)”. 総務省. pp. 106 (2003年9月12日). 2013年11月9日閲覧。平成15年分政治資金収支報告書の要旨(平成16年9月10日付け官報) (PDF)”. 総務省. pp. 94 (2004年9月10日). 2013年11月9日閲覧。
  40. ^ a b 国会議員懇談会会員リスト”. 神道政治連盟 (2013年10月25日). 2013年11月5日閲覧。
  41. ^ a b 読売新聞、2015年3月3日
  42. ^ http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/kanpo/020913/203/pdf/20020913g00203y0116.pdf [リンク切れ]
  43. ^ [1]
  44. ^ “東電、10議員を「厚遇」 パーティー券を多額購入”. 朝日新聞. (2012年1月8日). オリジナルの2012年1月8日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120108050344/http://www.asahi.com/national/update/0107/TKY201201070496.html 2013年11月8日閲覧。 
  45. ^ タバコ業界からの政治献金が 受動喫煙防止の立法を妨げている -国民世論も国際的協定・趨勢も許すものではない- 子どもに無煙環境を推進協議会、日本禁煙学会理事 野上浩志
  46. ^ “パーティー券リストの面々”. しんぶん赤旗. (2003年9月12日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-09-12/14_01.html 2013年11月5日閲覧。 
  47. ^ 2004年5月13日(木)「しんぶん赤旗」
  48. ^ “石原環境相への個人献金 346件すべて「団体役員」 ジャーナリスト・区議・会社社長も”. しんぶん赤旗. (2013年1月3日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2013-01-03/2013010311_01_1.html 2013年11月5日閲覧。 
  49. ^ 2008年10月18日 読売新聞
  50. ^ 2008年11月1日 スポーツ報知
  51. ^ 「自民党たばこ議員連盟」役員(2017/3/7現在)及び役員へのタバコ販売&耕作者政治連盟からの6年間の献金額(万円)”. 2018年4月11日閲覧。
  52. ^ 自民党たばこ議員連盟臨時総会(出席者)”. 2018年4月11日閲覧。
  53. ^ a b c 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年
  54. ^ http://www.jiji.com/jc/article?k=2016102600588&g=pol
  55. ^ “韓国議員団が自民議員らと面会…関係改善に焦る韓国側”. 産経新聞. (2019年5月21日). https://www.sankei.com/politics/news/190521/plt1905210057-n1.html 2019年5月26日閲覧。 
  56. ^ 『現代印章 2019年4月号』(ゲンダイ出版)
  57. ^ Elmira College”. エルマイラ大学. 2013年11月5日閲覧。
  58. ^ 自由民主党役員表”. 自由民主党 (2010年9月9日). 2013年11月5日閲覧。
  59. ^ 選挙区 東京8区 2017 衆院選(開票速報) NHK選挙WEB”. 2017年10月23日閲覧。
  60. ^ 店童(てんどう)とは、海運会社独特の制度で、商店でいえば丁稚に相当し、宿舎と食事は確保してくれる代わりに、給料は一切なかった。便所掃除、社員の磨き、使い走り。店童は上司から命じられれば何でもやらなければならなかった。時には、入れや、なじみの遊郭女郎菓子を届けることまでやらされた (『てっぺん野郎─本人も知らなかった石原慎太郎』31頁)。
  61. ^ a b c 『妻の目』(石原伸晃公式ウェブサイト) 平成13年7月のエントリー、平成22年10月2日閲覧
  62. ^ [2] NPO法人日中国会議員書画展実行委員会
  63. ^ 毎日新聞社会部『オウム「教祖」法廷全記録3』 p.316


「石原伸晃」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「石原伸晃」の関連用語

石原伸晃のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



石原伸晃のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの石原伸晃 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS