船田元とは?

船田元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/28 18:50 UTC 版)

船田 元(ふなだ はじめ、1953年11月22日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(12期)、自由民主党衆議院議員総会長。元経済企画庁長官第46代)。




  1. ^ 平成24年(2012年)12月19日栃木県選挙管理委員会告示第109号(衆議院小選挙区選出議員選挙における当選人の住所及び氏名並びに当該当選人に係る候補者届出政党の名称)
  2. ^ 「学校法人作新学院理事長に船田恵氏」下野新聞、2013年4月12日
  3. ^ a b c d e f g h “不倫政治家の明暗に学ぶ「正しい言い訳」「ダメな言い訳」” (日本語). ダイヤモンド・オンライン. https://diamond.jp/articles/amp/87730?page=2 2018年8月29日閲覧。 
  4. ^ プロフィール | 船田 元 公式WEBSITE” (日本語). www.funada.org. 2018年8月24日閲覧。
  5. ^ a b 公式プロフィール
  6. ^ 遠藤悠樹(編)、日本会議の人脈、三才ブックス、2016年。
  7. ^ この記録は後に野田聖子小渕優子に更新される。
  8. ^ 公明、比例15人を公認…自民128人も追加推薦 読売新聞 2009年8月6日
  9. ^ 自民・船田元氏返り咲く…10回目の当選” (日本語). www.yomiuri.co.jp. 2018年8月24日閲覧。
  10. ^ “「政界のプリンス」船田元氏返り咲き 栃木1区”. 朝日新聞. (2012年12月16日). http://www.asahi.com/senkyo/sousenkyo46/news/TKY201212160106.html 2012年12月19日閲覧。 
  11. ^ 船田元(小選挙区・栃木県):衆院選2014(衆議院選挙) : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)” (日本語). YOMIURI ONLINE(読売新聞). 2018年8月24日閲覧。
  12. ^ “[https://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2017/profile/YTPSRCYA09001XXX001.html 【小選挙区】 栃木県 栃木1区]”. 2018年8月24日閲覧。
  13. ^ 船田氏「石破氏に投票せず」過去の行動問題視 安倍氏にも注文、自民総裁選は態度未定 下野新聞 2018年9月15日
  14. ^ 船田氏、抗議の白票 「首相の改憲姿勢に不満」 日本経済新聞社 2018年9月20日
  15. ^ 「日本をよくする小冊子 第一弾」、公式サイト
  16. ^ 「国防軍は行き過ぎ」 自民憲法改正推進本部長 日本経済新聞 2015年3月1日
  17. ^ 自民党の憲法改正草案 24条は『言い過ぎてしまった』? AERA 2016年5月16日
  18. ^ 請願情報 請願名「青少年健全育成のための有害図書類・有害情報規制に関する法整備を求めることに関する請願」の情報
  19. ^ 「国防の責務」明記を提示/自民・権利小委で船田氏 四国新聞 2005年2月10日
  20. ^ 第159回国会衆議院 - 憲法調査会基本的人権の保障に関する調査小委員会 - 1号 平成16年02月19日
  21. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査
  22. ^ 2017年衆院選、候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査)
  23. ^ 自民党新役員にも多数/カジノ議連メンバーしんぶん赤旗、2014年9月15日
  24. ^ 評議員、役員等”. 日本国際フォーラム. 2014年2月25日閲覧。


「船田元」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「船田元」の関連用語

船田元のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



船田元のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの船田元 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS