軟式野球とは?

なん しきやきゅう -きう [5] 【軟式野球】

ゴム製のボール(軟球)を用いてする野球大正期に日本で始まる。ルールは硬式野球と同じ。

軟式野球

歴史と沿革


軟式野球は、大正時代中期日本で考案されたゴムボールを用いてプレーする野球で、硬式ボール野球よりも危険性が少なく、より幅広い年齢層で普及し、野球大衆化に貢献してきました。

野球アメリカから日本に伝わったのは明治5年。徐々に人気が高まり、大正時代になって全国中等学校優勝野球大会、春の全国選抜中等学校野球大会などがあいついで開催されたことで青少年の間にも野球は広まっていきました。しかし、革製硬式ボールでのプレーは危険性も高いことから、少年たちの多くはテニスボールやスポンジボールなどを使っていたため、ボールスピード感や耐久性に問題がありました。少年たちに手軽野球を楽しんでもらいたいという思いから、硬式ボールより危険性が低く、安価ゴム素材のボールが新たに開発され、「軟式野球」が生まれたのです。


普及が加速したのは全国大会の開催です。まず、第2次世界大戦後の昭和21年に「全日本軟式野球大会」が16チームの参加で初開催されました。同大会は昭和23以降、「天皇賜杯全日本軟式野球大会」となり、各都道府県から代表1チームが参加する形に改められ、人気を後押ししました。また、昭和45年には少年野球が組織化され、少年1部(高校生)、少年2部(中学生)、少年学童部(小学生)の3部門別に全国地で大会が開催されています。

さらに、国民体育大会や日本スポーツマスターズなどにも採用されるなど、軟式野球さまざまな世代で広く親しまれています。現在、全日本軟式野球連盟の加盟チーム数は社会人37,000、少年約20,000。他に大学協会や専門学校、還暦連盟加盟のチームなども加えると、競技人口は約120万人達します。

全日本軟式野球連盟
日本における軟式野球を統括す団体として、昭和20年に発足しましたが、当時は占領下にあっためGHQの見解に従ってソフトボール部会も傘下においた、「Japan Softball Baseball Association」(略称:JSBB)という名称でスタートしました。

ソフトボール部会は昭和24年日本ソフトボール協会として独立しています。現在の全日本軟式野球連盟の英語名は、ゴムボールを使う野球という意味の、「Japan Rubber Baseball Association」に変わっています。また、連盟のロゴマークはJSBBを図案化した図柄周囲をJapan Rubber Baseball Associationというローマ字が囲んだマークを使っています。


競技方法・ルール


基本的に『公認野球規則』に則って行われます。これは、日本における野球の公式ルールを定め文書で、アメリカプロ野球ルールである“Official Baseball Rules”を翻訳したものに、日本独自の注釈を加えた内容になっています。また、軟式野球関係者の教本のひとつとして、『競技者必携』を刊行し、正しい軟式野球の普及・発展に努めています。

*より詳しい競技説明やルール、用具等の規定については以下をご参照ください
(財)全日本軟式野球連盟規定


グラウンドや用具など

主な規定を以下にまとめました。より詳しい内容は、こちらご参照ください

グラウンド


● 用具



軟式野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/23 02:46 UTC 版)

軟式野球(なんしきやきゅう)は、皮革製の硬球ではなくゴム製のボールと、製ではなく金属バットを使用する、日本で誕生した、主に日本国内の公立中学校でのみでプレーされる野球(硬式野球)のような競技。









軟式野球と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「軟式野球」の関連用語

軟式野球のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



軟式野球のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2019 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの軟式野球 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS