フロアホッケーとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > スポーツ > 競技 > ホッケー > フロアホッケーの意味・解説 

フロアホッケー


選手フェルト製のパックを、スティック用いて相手ゴールへ入れて得点をあげる室内スポーツの意味を示す語。障害者向けスポーツとして考案されたが、今では誰もが楽しめるスポーツとなっている。

フロアホッケー

歴史と沿革

フロアホッケーは、知的障害者の人たちのスポーツ通して社会参加支援する活動スペシャルオリンピックス(SO)の競技一つとしてカナダアイスホッケーとリンゲッティーという二つスポーツから作られました。アイスリンクのない地域でもできるようにスペシャルオリンピックスルールを独自に考案1970年冬季世界大会から公式競技認定されました。

2005年長野県開催されたスペシャルオリンピックス冬季世界大会では、49カ国約800人を超えるアスリート参加した競技です。SO競技としては全世界5万人近くの競技人口あります

もともとは障害者スポーツとして発展したフロアホッケーですが、現在ではすべての人が楽しめるユニバーサル・スポーツとしても日本国内で普及進んでいます。


特徴

最大特徴は、年齢性別障害有無に関係なく誰にでも楽しめるスポーツということです。知的障害者のある人と健常者混成チーム作り競技を行うことができるユニファイド、また年齢性別能力に応じて競技ができるようにディビジョンクラスわけ)などの工夫をして、幅広い人たちで楽しむことができます


競技について

棒状スティックで、円盤型(ドーナツ状)のフエルトパック奪い合い相手ゴールシュートをし、得点多くあげたチームが勝ちとなります。

[チーム構成]
1チーム11人から最大16人までで構成されます。ゲームは、ゴールキーパーも含め、1チーム6人の選手コート競技行います。

[コート]
コートは、最大15m×30m、最小12m×24m。学校公民館体育館でも気軽にできるスポーツです。

[競技時間]
1ゲームは3ピリオド構成されています。1ピリオドライン呼ばれる試合時間3分の攻防が3ライン構成され、ラインごとに選手交代します。1ピリオドは3ライン×3分で9分。ピリオドピリオドの間には1分の休憩あります
*1ゲーム中、ゴールキーパーを除き、プレーヤーは他の選手より2ライン以上多くでることはできません。

[競技用具]
プレーヤーヘルメット(ファイスガード付)ひざ・すねあてグローブ等の防具を身に付けスティック長さ90cm~150cm)を使用します。
ゴールキーパーは公式アイスホッケーゴールキーパー用の防具を使うこともできますパックは、分厚いフエルト製(直径20cm、厚さ2.5cm、中心に10cmの穴がある。重さ140225g)です。


大会観戦の魅力

フロアホッケーは、SOの競技としては歴史があり、全世界行われていますが、国内では2005年日本フロアホッケー連盟設立され、一般向けスポーツ競技としての本格的普及活動が始まったところです。2006年からは、日本フロアホッケー連盟主催で、障害有無にかかわらず参加できる全国大会開催されています。

日本フロアホッケー連盟では、用具貸出指導者派遣無料で行っていますので、関心のある方は事務局までご連絡ください







フロアホッケーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

フロアホッケーに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「フロアホッケー」の関連用語

フロアホッケーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

キックベースボール

フリスビードッグ

ラグビーフットボール

ウォークラリー

ゲートボール

トランポリン

ラジオ体操

フェンシング





フロアホッケーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2017 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2017 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団

©2017 Weblio RSS